1人カラオケが最強に楽しい理由6つ

SPONSORED LINK




鼻歌を歌って何の曲かを検索するスマホのアプ
リで全く違った曲がヒットしてしまう音痴で
お馴染みのミッツだよ。

皆さん、カラオケって好きですか?

僕は嫌いです。
正確に言うと複数人で行くカラオケが嫌いです。

1人でいくカラオケが好きです。

1年に2~3回くらい「あ~ちょっとカラオケ行って歌いたい
という気分になることがあってそんな時は1人でカラオケに行きます。

1人カラオケに行ったことがない、恥ずかしくて行けないという人も
世間にはいるんじゃないでしょうか。

そんな人たちにミッツが一人カラオケの素晴らしさと楽しさを
伝えればいいなと思います。

では行ってみよう♪

1.何を歌っても自由♪

複数人でカラオケに行った際、歌う曲の選曲って少なからず
その場に適した曲を選ぶじゃないですか~

物凄く気心知れた友人とかならまぁ、お互いの趣味も知っているし
なにを歌っても大丈夫だったりしますがそうじゃない飲み会などの二次会なんかで

「じゃぁ、次カラオケ行っちゃう!?」

なんて流れになってのカラオケなんて、もうなにを歌って良いか分かりません・・・。

地獄です・・・。

が、しかし1人カラオケは違います。

好きな曲を歌えるのです。
あまりメジャーじゃないアーティストの曲だったり
アルバムの曲だったり、

とにかく自由に歌う事ができるのです。

そこはもう、ユートピアです。(グヘヘっ)

2.好きな曲の好きな部分だけ歌うのもアリ♪

好きで歌いたい曲なんだけども歌いたくない部分だとか
いらない部分だとかってけっこうあったりしませんか?

途中でいきなりラップの部分があったりとか、
シャウトするような部分だとか、
なんかセリフだとか、
めちゃくちゃキーが高い部分だとか、

曲のある一部分がチョット嫌で歌う事を躊躇しちゃったりするわけです。

でも、1人だったらそんな部分は早送りしちゃっても良いし
歌わないでやり過ごすのもOKです。
1番だけ歌って消しちゃったりもOKです。

3.好きな曲を何回歌ってもOK♪

誰かとカラオケに行ったら大概は一度歌った曲をもう一度歌う
ということはありませんよね。

しかし一人でカラオケに行ったら連続で歌っても良いわけです。

同じ曲を何回歌っても誰にも文句を言われません。
気が済むまで飽きるまで歌えることができるのです。

4.アルバムの曲を歌ってもOK♪

僕がなぜ誰かと行くカラオケが嫌いかというと歌える曲が無いからなんです。

世間一般的に知られているメジャーな曲を知らないからです。

普段聞く音楽はあまりメジャーでないアーティストの曲なので
そのアーティストのアルバム中の曲を歌うなんてなかなかできません。

しかし、一人カラオケでは有名じゃないアーティストのアルバムの曲を歌ってもOKなのです。

5.歌う時間を独占できる♪

誰かと2人でカラオケに2時間行くとすると
単純に考えて1人当たりの歌える時間は1時間です。

複数人で行ったらさらに1人当たりの歌える時間は少なくなります。

これが、1人で行くと2時間をまるまる独占できるのです!
やってみるとわかるのですが1人で2時間をずっと歌ってるのってけっこうしんどいです。

僕は2時間も歌うと声が枯れます。
そしてかなりカラオケ欲が満たされてお腹いっぱいになります。
歌ったな~という満足感になりもうしばらくカラオケはいいかな~って感じになります。

6.人の歌を聞か無くて良い!

誰かと行ったりすると誰かが歌っている時に口ずさんだり、
ノッているフリをしたり手拍子をしてみたり、イェーイ♪とか・・・
こういった周りの事を気にして、この場を楽しんでますよ私
って演じなくてはいけません。

なんだかね~、

言っちゃうとね~。

「おじさん、もう、そういうの疲れたよ。」

 

 

 

 

 

 

 

 

【フランダースの犬】よりでございます。

人が歌っている歌を聞いて面白いですか?
僕は正直面白くないです。
面白い感じで歌ってたりしてたりとかしてたら別ですが
真剣にこう、バラードを歌い上げてるとかちょっとね・・・。

聞きたいとはねぇ・・
思いませんよねぇ・・・。

まとめ

思いっ切り好きな曲を歌いたいならひとりで行こう♪

初めは恥ずかしさもあるかもしれないけど行ってしまえば
1人カラオケの楽しさに病みつきになる事間違いなし♪

フランダースの犬は、とっても良いアニメ

今回は1人カラオケの素晴らしさを伝えたよ、
ミッツでした!

 

SPONSORED LINK