【1日1円】急げ!Amazon Music Unlimitedが、3ヶ月99円の激安キャンペーン中!


Amazonによる音楽ストリーミングサービス、Amazon Music Unlimitedの紹介です。

Amazonはプライム会員になると、Amazon Prime Music
というサービスが利用できますがAmazon Music Unlimitedはそれのパワーアップ版になります。

月額料金980円(プライム会員は780円)で、
世界中のメジャーな曲からマイナーな曲までなんと!

4,000万曲が聴き放題になります。

▼公式サイト▼

 

Amazonの2つの音楽サービス

Amazonには2つの音楽サービスがあります。

  1. Prime Music
  2. Amazon Music Unlimited
①Prime Music
  • Amazonプライム会員になれば利用できる
  • 約100万曲が聴き放題
②Amazon Music Unlimited
  • 月額980円で利用できる(Prime会員は780円)
  • 約4,000万曲以上が聴き放題

プライム会員は780円の追加料金を払えばプラス3,900万曲聴けるという、
なんとも凄いサービスになってます。

3ヶ月間99円のメチャクチャ安いキャンペーン!

今回そのAmazon Music Unlimitedがなんと、

2018年11月15日~2019年1月4日までの期間限定で

3ヶ月99円で音楽聴き放題!

というキャンペーンをおこなっています。

>>Amazon Music Unlimitedキャンペーンページicon-external-link

どんだけ安いんだよ!

1ヶ月間の通常料金980円が1ヶ月33円で利用できるのです。

よくよく考えると、1日、約1円ということになります。

そんだけ安くするならもう無料にしたらいいのでは?

※3ヶ月間とは?

ボク自身がこの3ヶ月間の意味を勘違いしてたのですが、
この3ヶ月間のキャンペーンの意味は、

2018年11月15日~2019年1月4日までの間に、
登録した日から3ヶ月間ということになります!

メチャクチャ安く利用できるのが、2019年1月4日で終了というわけではないです。

1月4日までは受け付けがOK!ということです。

ちなみにボクが登録した日は、
2018/12/19なので3ヶ月後の2018/3/19までがキャンペーンの適用期間となります。

なのでそこをお間違えなく!

スポンサーリンク

Amazon Music Unlimitedの登録方法

それでは登録の仕方を説明します。

Amazon Music Unlimitedのページに飛びます。

今すぐ始めるをクリック

個人プランを選択して、今すぐ始めるを選択

今すぐ始めるをクリック

これで利用がスタートになります。

Amazon Music Unlimitedの使い方

PCのブラウザ環境で使ってみます。

▼試しに「ゆず」を検索

ゆずイロハ1997-2017というアルバムを開いてみます

REASONという曲を「+」ボタンをクリックしてダウンロードします。
これでオフラインでも聴けるようになります。

▼REASONがマイミュージックに追加されました

▼マイミュージックの楽曲をクリックするとダウンロードしたREASONが追加されてます

スマホでAmazon Music Unlimitedを使えるようにするために、
アプリのダウンロードリンクをメールで送ります。

もうすでにスマホにAmazon Musicアプリのダウンロードが済んでいる人は
今から説明する作業はしなくてOKです。

▼ストアの下にあるアカウント名をクリックします

▼モバイルアプリをダウンロードを選択

▼メールアドレスを入力して送信

▼先ほど入力したアドレスにAmazon Musicアプリのダウンロードリンクのメールが来ます

▼リンク先に飛びます

▼iTunesか、Google Playかを選びアプリをダウンロードします。

▼画面はアップロードになっていますが、初めての人はダウンロードしてください

▼アカウント名様、ようこそ。となります

Amazon Music Unlimited会員と表記されています。

Amazon Echoアレクサを使って音楽を流すことができます。

Amazon Echoを持っていない人は後でを選択。

もってる人は今すぐ試すで試してみてください。

▼Amazon Echoがあればアレクサ音声サービスで便利に利用できます。

>>Amazon Echoのページicon-external-link

歌詞の表示がある

Amazon Music Unlimitedには歌詞表示される曲があります。

歌詞マークがある曲は歌詞を見ることができる

▼歌詞表示

全ての曲ではないけど歌詞が表示されるのは嬉しい♪

キャンペーン期間の終わりを確認する方法

自分が登録した日がいつだったか分からなくなっても大丈夫。

登録から3ヶ月後のキャンペーン終了日を確認する方法です。

▼ストア下のアカウント名をクリックして、Amazon Musicの設定をクリック

▼ボクが登録した日は2018/12/19なので3ヶ月後の3/19に更新されますとなっています。

会員登録の更新を見ると、
「2018/3/19から月額料金が780円に更新されます」と記載されています。

会員登録を解除しなければそのまま会員続行となり、
月額料金780円が発生します(非プライム会員は980円)

支払いは年額払いがお得!

3ヶ月間のキャンペーン終了後の料金の支払い設定ですが、
月額で払うか、年額で払うかを選択できます。

▼月額と年額の料金を比較(※プライム会員料金の場合)

月額払い 年額払い 差額
1ヶ月の料金 780円 650円 130円
1年間の料金 9360円 7800円 1560円

 

年額で払うと1年で7,800円ととてもお得です。

月額の10ヶ月分の料金で済んでしまいます。

その差額は、1,560円

余裕があるのなら年額で支払ってしまった方がいいですね。

会員登録の解除方法

3ヶ月間試しに使ってみて解除するのも全然OKです。

解除しなければそのまま会員ということで、
自動的に更新されますのでご注意ください。

登録の解除方法です。

▼ストア下のアカウント名から、Amazon Music の設定を選択

会員登録をキャンセルするを選択

▼チェックを入れて、理由を選択してキャンセルに進むを選択

Amazon Music Unlimitedの良いところ

実際に使ってみて感じた良いところはなんと言っても、
曲数が多いということ。

ボクはApple Musicを使っているんですが
例えば、「ゆず」の曲がApple Musicには全然無いんですよね。

それがAmazon Music Unlimitedには、ゆずの曲があるんです!

さすがに全ての曲は無いけどなかなかの曲数が揃っています。

Apple MusicもAmazon Music Unlimitedも月額の料金は980円と同じなので、
だったら曲数の多いAmazonに乗り換えた方が良いかなというところ。

しかも、Amazonプライム会員なら月額980円が780円になるので200円ほど安くなる!

これはプライム会員には嬉しいポイントです。

Amazon Music Unlimitedの悪いところ

普段Apple Musicを使っているのですが、
Apple MusicとAmazon Music Unlimitedを比べて不満なところがあります。

それは、音楽認識アプリのShazam(シャザム)との連携が悪い、というかできない。

Shazamというアプリは周囲で流れている曲を認識して曲名を調べることができます。

▼Shazam

このアプリ、メッチャ便利でカフェや服屋で、
「この曲いいな!」と思ったら直ぐに曲を調べることができる!

意を決して店員に「すいません、今流れてるこの曲ってなんですか?」
と聞かなくて済みます。

▼周囲に流れている曲を認識することができる

そして、認識した後にその曲をApple Musicで探すことができます。

▼認識すると、Apple Musicで聴くの項目が出る

▼認識した曲が含まれているアルバムを表示してくれる

このように、Apple MusicとShazamとの連携の相性はとても良いのです。

Amazon Music UnlimitedだとShazamとの連携ができないので、
そこが残念だなと感じる部分ですね…。

連携ができないだけでShazamで曲名を調べてそれを
Amazon Music Unlimitedで調べれば済むことだけど正直面倒臭い…。

普段、Apple Musicを使ってるものとしては唯一、
残念だなと感じた部分です。

Amazon Music Unlimitedについてまとめ

Amazon Music Unlimitedについてのおさらいです。

  • 期間は2018年11月15日~2019年1月4日まで
  • 2019年1月4日まで受け付けOK
  • 期間は登録した日から3ヶ月間
  • 料金は3ヶ月間で99円
  • キャンペーン終了後は1ヶ月、780円(Amazonプライム会員の場合)

以上がAmazon Music Unlimitedのキャンペーンについてです。

音楽好き、Amazonプライム会員にはオススメです!

▼公式サイト▼

 

▼関連記事▼
スポンサーリンク