初めてのAmazonの返品は簡単な上に神対応だった。以前、不良品を返品しなかった事を激しく後悔した。

SPONSORED LINK




Amazonで購入した物が不良品だったけど返品するのが面倒で
「悔しいけどまぁ、いいか・・・」と泣き寝入りした事ってありませんか?

僕はあります。

以前、iPhoneの充電ケーブルを購入したら全く使えなかった事があり、
その時は面倒臭さと、値段が800円とそんなに高くなかったので泣き寝入りしました。

今後泣き寝入らない為にも返品を一度経験しておこうと思い、
Amazonでの返品を初めてやってみる事にしました。

今回Amazonに返品するもの

今回Amazonに返品をする物が2つあります。

icon-arrow-down まず一つ目はこちら『MacBook12インチのカバー』装着したら直ぐにヒビが入った粗悪品です。


【レビュー】MacBook12インチ用『LENTION』のハードケース付けたら直ぐにヒビが入った

2017.06.27

 つづいて2個目は、『MacBook12インチの液晶保護フィルム』

こちらは使用はしておらず未開封のままです。
MacBook12インチを返品してしまったので用済みになってしまったわけです。

MacBook 12インチを買ったけど14日でスグに返品した

2017.07.05

Amazonの返品可能の日数は?

まずはAmazonの『注文履歴』を確認しましょう。
配達した日と返品期間が記載されています、返品できる期間の日数は30日です。

商品によっては違うかもしれないので、まずは自分の注文した物を確認しましょう。

返品の方法は?

Amazonのトップページからログインします。

icon-arrow-down 『注文履歴』を選択します。


 『商品の返品』を選択します。

 返品する商品に☑チェックを入れて、『返品の理由を選択』の箇所のプルダウンから該当する理由を選びます。

 『返品の理由を選択』のプルダウンから該当する理由を選び、
『具体的な理由を記入してください。(必須)』の部分を記入します。

ちなみに今回、具体的な理由はこんな感じで記入しました。

MacBook液晶保護フィルム

購入したMacBookのスペックに不満を感じ、MacBook本体の返品をしました。
それに伴いこの商品の必要性がなくなってしまいましたので大変申し訳ないのですが、
返品させて頂ければなと思います。宜しくお願いいたします。

MacBookカバー

MacBookにこちらのカバーを装着して、次の日には残念ながらヒビが入っていました。
(2ヶ所に)外に持ち出したわけでもなく、どこかにぶつけたわけでもなくです。
品質の強度に問題があるかと思います、この強度ではMacBook本体を
到底保護できるのか疑問に思います。不良品だと思いましたので返品を希望します、
商品が入っていた袋はございませんがよろしくお願いいたします。

 『手続きの方法と確認と選択』のページで返金されるクレジットカードを確認したら次に進みます。


『 返送方法の確認』のページに進みます。

一番下の箇所に、返品の期日が記載してありますので確認をしておきましょう。
確認ができたら『返送手続きを開始』をクリックします。

 

 『返送方法』のページに進み、『返品用ラベルと返送手順を表示・印刷』をクリックします。

 この画面は上の画面と同じページに表示された画面です。(長いページの為、二分割で表示しています)

 そして印刷します。

icon-arrow-down 左:返送先の住所が記載されたもの、
右:返品受付IDが記載された用紙の2枚がでてきます。


 『返送先住所』が記載されている用紙には点線の枠があるのでその枠をハサミで切り取ります。

 こんな感じ。

 『返品受付ID』が記載された用紙は荷物と一緒に同封します。

 荷造りをします。

ヒビが入ってしまったMacBookカバーは、わざわざ100均でプチプチを買ってきて梱包しました。
(少しでも返金される確率が上がればいいなと思いやりました、吉とでるか乞うご期待)

 『返品受付ID』の用紙を同梱するのを忘れずに!

 段ボールの外側に、『返品先の住所』が記載されている用紙を貼り付けます。
段ボールを捨てないでおいて良かったです。

 

荷物の送り方

コンビニや郵便局に直接持ち込んでもOKですが、
今回は返送方法のページにある日本郵便の集荷サービスを利用してみたいと思います。

 『返送方法』のページの元払いで申し込みをクリック

着払いと元払いのどちらにするかに関してですが、
今回返品する2つの商品の『液晶保護フィルム』は開封しておらず新品ですが
『MacBookのカバーの』は使用済みなので元払いで送ることにしました。

他の方のAmazonの返品の記事を読むと、「元払いで送ったけど結果、送料も返金された」
という方もいらっしゃったので、結果そうなったらいいなと思い元払いで送る事にしました。

 元払いで申し込みをクリックすると、日本郵政のページへ飛びます。

ゆうびんIDを持っていないので今回は、ゆうびんIDをお持ちでないお客様の、
 『今すぐ集荷を依頼する』を選択します。

『集荷先情報』を入力します。


 『集荷申し込み完了』画面で、
 『集荷依頼内容をメールで送信する場合は送信ボタンを押してください』
とあるので『送信』を押すと登録したメールアドレスに登録内容の確認メールが届きます。

これで後は荷物を集荷してもらえばOKです。

荷物の集荷

ネットで、“元払い”を確かに選択しましたが集荷に来たゆうパックの配達の方が
着払いで受付をしようとしていたので「ネットで元払いで申し込んだのですが」
と伝えても、なぜか「アマゾンの返品は着払いになってます」と言われ、
そのまま着払いでお願いする事になりました。

なので結果、返品の荷物は“着払い”でAmazonに送ることとなりました。

Amazonからの返事

7月15日に返品する荷物を着払いでAmazonに送り、4日後の7月19日にはアマゾンからメールが届きました。

1-3日に程度でJCBに返金されます。
とのことで、返品が成功してとりあえず一安心しました。

3日経過しても通帳に返金額が振り込まれない

1-3日で返金されると記載してあったのですが3日経過しても通帳に返金額が振り込まれていませんでした。
おかしいなと思いAmazonに電話をして問い合わせてみることにしました。

すると、Amazonとしては返品の荷物を受けとった際にお客様に連絡したメールの日、
7月19日に確かに返金処理はしましたとのこと。

⇩着払いで荷物をAmazonに送り、それに対してアマゾンから来たメール

確かに目安とは書いているが1-3日程度で返金されますと記載されている。
Amazonとしては一週間経っても振り込まれないようだったらカード会社に一度確認をしてみてくださいとのこと。

ということでとりあえず一週間は様子を見ることにしました。

Amazonの神対応

振り込みに関しては、Amazonは確実に処理は済んでいるということなので、
それは納得してもう1点気になっていた点を質問してみました。

購入の金額と、返品の金額が違うので気になって質問してみました。

⇩購入金額が、3979円

それに対して、

⇩返品金額は、3729円

 

その差額は、購入金額3979円-返品金額3729円=250円

なんで全額返金ではなくてマイナス250円なのか聞いてみました。

返品の際にかかる送料が、“1つにつき250円”かかるとの事、
で、今回返品した2点の内1つのマックブックカバーは装着して直ぐにヒビが入ってしまった為
Amazonが返品にかかる送料を負担してくれたが、

もう1つのマックブックの液晶保護フィルムの返品に関しては不良品ではなく
お客様都合での返品なのでお客様に返品にかかる送料を負担して頂く事になり
この返品金額になりましたとのこと。

なるほどですねと納得していたら、ここでなんとAmazonの方が、

「もしかしたらお客様都合で返品された送料分の250円も返金できるかもしれないので掛け合ってみます」
と仰ってくれました。

とてもありがたいですが自分都合での返品なので、

「無理しないで大丈夫ですので」と伝えましたが

「お客様は過去に一度も返品されていらっしゃらないですし、掛け合ってみればおそらく大丈夫だと思います」

と言われ、その結果250円も返金されることになりました。

Amazonの電話対応してくださった方、本当良い人でした、神対応とはこの事です。

今回の場合は僕が過去に一度もAmazonで返品をした事が無かったので
優良のお客とみなされてこのようなラッキーな結果になったんだと思われます。
(※全ての人にこのような対応がされるわけではないかと思われます)

僕が過去に何度か返品をしていたらおそらくこのような結果にはなっていなかったのではないでしょうか。

カード会社に確認してみた

一週間たっても入金されないのでAmazonに言われた通り
JCBにAmazonの返金について問い合わせてみました。

JCBの問い合わせに電話してみるも、

「JCBカードの発行元に問い合わせをお願いします。」

と言われ、

改めてカードを見て発行元の、“楽天カード株式会社”に問い合わせをしてみることに
すると確かにアマゾンから、3729円と250円合計3979円が返金されていますとの事。

通帳記入をしても返金されていないようなんですが・・・と質問をすると
全ての謎が解けて、なるほどそりゃそうだと納得して恥ずかしくなりました。

なんで返金されたはずなのに通帳に返金額の記載が無いのかというと?

購入した金額の3979円もまだ引き落とされてないのに、
返金額の3979円が入金されるわけがないわけで、
今月使用した分は来月のカードの使用明細に表記されるわけです。

一度購入してマイナスになった3979円に、返金で戻って来た3979円をプラスして、
プラスマイナスゼロになり、引き落とし額には一切影響しないのである。

よくよく考えれば分かる事なのだが、「返金したから早く確認したい!」と焦ってしまい
こんな事になってしまったのである・・・。

お恥ずかしい・・・。

まとめ

  • Amazonで不良品を買ってしまっても泣き寝入りせずに返品しよう
  • 返品理由はなるべくきちんと記載しよう
  • 返品をした事がない人はAmazonが良い対応をしてくれる可能性大!
  • もしかしたら返品の可能性を考えて箱を取っておこう

人生ではじめての、Amazon返品レポートでした。
不良品に当たったら返品しよう!

以上、ミッツでした!

SPONSORED LINK