【映画レビュー】アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーの感想。サノスがもたらした絶望、衝撃のラストに頭の中が真っ白になった(ネタバレ有り)


2018年4月27日に公開された

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーを見てきました。

最近急速にマーベル作品にハマっている僕です。

大人になってこれほどまでに公開日が待ち遠しく、
ワクワクドキドキと映画館に足を運んだ作品って今までにあっただろうか。

映画を見終わった後は、

えーーー!?

おいおい、終わりなの!?

次どうなるの!?

という感じで、

これまでのアベンジャーズ作品の中で間違いなく1番の衝撃でした。

ネタバレを含みますのでまだ作品を見ていない方はご注意ください。
また、いちマーベルファンの感想でありますのでご了承くださいませ

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーについて

今回のアベンジャーズ/インフィニティ・ウォーは、
アベンジャーズとしては3作目になる作品です。

  1. アベンジャーズ
  2. アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン
  3. アベンジャーズ インフィニティ・ウォー

今回のインフィニティ・ウォーに繋がるまでになんと
18作品もあるのです。

あらすじ

6つすべてを手に入れると世界を滅ぼす無限大の力を得るインフィニティ・ストーン。
その究極の力を秘めた石を狙う“最凶”にして最悪の敵<ラスボス>サノスを倒すため、
アイアンマン、キャプテン・アメリカ、スパイダーマンら最強ヒーローチーム“アベンジャーズ”が集結。
人類の命運をかけた壮絶なバトルの幕が開ける。
果たして、彼らは人類を救えるのか?今、アベンジャーズ全滅へのカウントダウンが始まる!

引用:フィルマークス

徐々に集まるアベンジャーズのメンバー達

「キャプテンアメリカ シビル・ウォー」でアベンジャーズは思想の違いから
内部分裂により解散状態となってしまいました。

そんな散り散りになってしまったアベンジャーズのメンバーが
ストーリが進むにつれて徐々に集まり出すのです。

もうね、それはそれは、

感動と興奮が半端ない。

中でもビジョンワンダがピンチの時に敵の投げた槍をかわしつつ片手でキャッチ
しながらキャプテン・アメリカが登場するシーンがあるんですが、

鳥肌ものでした。

うぉーー!カッケー!

キャプテンキターー!!

どこ行ってたんだよキャプテン!!

オレはあんたを待ってたんだよ!!

完全にヒーローを見る子供の目になっていました。

やっぱり、キャプテンいなきゃ始まらないって!

このシーンでは、ファルコンブラックウィドウも出てきて

「あぁ、またこの人達を見れるんだ」

と、嬉しさがこみ上げてきました。

ヒゲを伸ばして印象が変わったキャプテン・アメリカ(中央)

画像:ヤフー映画

スポンサーリンク

サノスって超強い

今回のラスボスのサノス、このサノスがこれまた超強い。

画像:映画.com

特に強さをシンプルに感じたのが、
ハルクと戦うシーンがあるんですがあのハルクと殴り合って

勝ちます。

あの、ハルクが殴り合いで負けた…。

これ、かなり衝撃的でした。

肉弾戦では無敵なキャラクターだったハルクがサノスに
数発殴られただけでやられてしまうなんてサノスどんだけ強いんだよ…。

キャプテンのシールドが・・・

アベンジャーズで特に好きなキャラであるキャプテン・アメリカなんですが
「シビル・ウォー」トニー・スタークに、

「その盾を使うにふさわしくないと」

言われて盾を失う事になりました。

今回のインフィニティ―・ウォー、予告動画等を見て情報を仕入れていたのですが
1つ気になっていたことがありました。

もしかして、キャプテン丸型のシールド使ってない?

キャプテンといったら丸型のシールドなわけで、
丸い形以外のシールドを使うなんて、まさかないよねと思っていたのです。

ワカンダにてこれから戦いが始まるぞという直前

キャプテンは、ティ・チャラから新しい盾を貰います。

なんとその盾、

丸型じゃなーーい!

おい、嘘だろーーー!!

ティ・チャラよ丸型のシールド準備しとけよ!!
キャプテンのシールドは丸型ってシビル・ウオーで戦ったんだから知ってるじゃん!

キャプテンも、

「これ、ちょっとアレだな~、もしアレだったら丸いのないかな~」

って、ティ・チャラに言えよ!

ということで、なんとキャプテンの新しいシールドは片手に装備する丸型ではなく、

両手に装備する先が尖った形のシールドでした。

「これじゃないな~、キャプテンのシールドはコレじゃないな~
違うな~違和感が凄いな~ワカンダ頼むよ~、ティ・チャラ頼むよ~」

と僕は不満でいっぱいでした・・・。

きっと僕以外にもキャプテンファンはショックを受けた人多いんじゃないでしょうか
キャップのシールドは丸だろと…。

次回作では是非丸型のシールドのキャプテンが復活する事を願ってます。

アイアインマンが進化しまくってる

今回のアイアインマンのスーツは、マーク50

画像:映画.com

今回のアイアインマンのスーツのバージョンはマーク50
これまでのスーツよりも飛びぬけてメチャクチャ進化していました。

これまでのスーツはスーツを装着する際は

カチャカチャカチャ

とスーツが身体を覆い尽くすように装着されていました。

が、しかし

今回のマーク50のスーツの装着は全く違います!

ブラックパンサーのスーツのように目に見えない状態から突如身体の周りに現れて
スーツが体が覆っていくような仕様になっていました。

とてもカッコよかったけどそれによりアイアインマンの「鉄感」が薄れた印象を受けました。

もしかしたらアイアンマンのファンからしたらちょっとこれはアイアインマンぽくなく
スーツを装着する際のあのカチャカチャカチャとした感じこそがアイアンマンなんだよなと
思うかもしれない。

多種多様に変形するスーツ

アイアインマンの戦闘シーンが多くあるんですが、

めっちゃカッコイイ!

今までのアイアンマンの戦い方の概念をぶっ壊しますよこのマーク50は!

今まではスーツの中に納まっている大きさの物しか出せなかったわけです。
腕に仕込んだ小さいミサイルとか。

でも!

今回のマーク50は従来ならばスーツの中に収まっていない
大きさのものが出せてしまいます。

最初の地球での戦闘シーンでは背中から、

ガンダムで言うところのファンネル

のような物を出してそのファンネルのような物が、すんごいレーザービームを放っていました。
(ガンダム知らない人ゴメンなさい、この表現が一番伝わるかなと)

これに対して、トニースタークは

「ナノテク」

と言っていました。

スーツの装着する感じといい、多種多様に変形するスーツを見て
ワカンダっぽいなと感じました。

(ワカンダの技術を取り入れたのか分からないけど)

他にも驚いたスーツの変形は、

  • 飛行中、加速する為に足が1つに変形してジェットの出力を上げたり
  • 腕から巨大なシールドを出したり
  • 腕の形が大きく変形したり

と、これまでのアイアンマンではあり得ない戦い方をしていました。

アイアンマンの戦闘シーンは本当に見ごたえ充分です。

スパイダーマンもパワーアップ

▼スパイダーマンもかなりパワーアップしています。

画像:映画.com

トニー・スタークからスーツを貰い
名称がアイアン・スパイダーマンになっていました。

上の画像のスパイダーマンを見てもスーツの表面がテカテカとしているのが分かります。

このスーツなんと、背中から6本くらいの大きなクモのような足が出るようになったのです。
これによって戦闘に大幅にバリエーションが増えました。

地球組と宇宙組に分かれる

今回のアベンジャーズは最初地球で戦闘の場面があり、
そこでアイアインマン、ドクター・ストレンジ、スパイダーマン、バナー博士
が戦闘をしますが、その後は地球組宇宙組に別れます。

なので、シビル・ウォーで喧嘩別れしたスティーブトニーは今回顔を合わせていません。

因みに、

ホーク・アイアントマンは欠席です。

あと、バナー博士は最初サノスにボコられる時はハルク状態でしたが
ワカンダでの決戦ではハルクではなく、ハルクバスターでの参戦となります。

地球組
  • キャプテン・アメリカ
  • ファルコン
  • ブラック・ウィドウ
  • ワンダ
  • ヴィジョン
  • ブラック・パンサー
  • ウィンター・ソルジャー
  • バナー博士
  • ソー(途中から参戦)
  • ロケット・ラクーン(途中から参戦)
  • グルート(途中から参戦)
  • ワカンダの人々
宇宙組
  • アイアンマン
  • ドクターストレンジ
  • スパイダーマン
  • スターロード
  • ドラックス・ザ・デストロイヤー
  • マンティス

個人的鳥肌シーン

ワカンダの周りにサノス軍団のモンスターがウジャウジャとやってきて
しばらくはバリアで守っていたけど裏に回られてしまうとマズいという事で仕方なくバリアを解除します。

そして、

サノス軍団地球のヒーロー軍団の激突となります。

突撃ー!と両軍がぶつかり合う場面で

キャプテンアメリカブラックパンサーの2人がメチャクチャ速い速度で
先頭を突っ走って敵陣に突っ込んでいくんですが

もうね、それがね、

超、かっこいいの。

この2人、

超、カッケーんですけど!!!

さすが、キャップ

さすが、国王

惚れるわ~~。

やっぱり違いますね。

人の上に立つ者の器です。

己が先に行くんだと

己が戦う姿を見せるんだと

このシーン、一瞬ではあったけどすんごいテンションが上がった

ジュン、ジュワ~です。

キャプテンファン、ブラックパンサーファンは必見のシーンです!

衝撃のラスト、まさかの結末に・・・!?

今回のアベンジャーズ、まさかまさかの衝撃の終わり方をします。

完結せずに終わりを迎えます、しかもかなりのバッドエンドで。

サノスがインフィニティ―ストーンを6個全てを集めてしまい
パチンと指を鳴らしてしまいます。

その結果、

世界の人口が半分になるという悪夢が現実になってしまうのです。

バッキーが「スティーブ」

と名前を呼んだのを最後に、塵になって消えてしまったのです。

バッキーが消えてしまった時、一瞬

「えっ!?」

と何がなんだが理解できずにいたんですが
次々に人間が塵になって消えていくのを見てサノスがやった事だと理解しました。

サノスが行った世界の人口を半分にする行為は誰が消えて誰が残るのか?
どうやらランダムらしくアベンジャーズメンバーでも生き残った人、
塵になって消えてしまった人がいました。

すんごい衝撃でしたよそりゃ

えっ消えちゃうの!? 消えちゃうの!?

頼む消えないで!消えないで!

と願うけど、次々に消えていくヒーロー達。

この後まだ何かあるかと思いきやまさかのエンドロール・・・。

  • 消えてしまったヒーロー達は生きているのか?生き返るのか?
  • サノスをどうやって倒すのか?

衝撃のラストと湧き上がる疑問で頭の処理が追い付かない状態・・・。

まさに、

頭の中が真っ白…。

きっと沢山の人が頭真っ白になった事だろうと思う。

笑える場面もあるよ

結果的にサノスに敗れバッドエンドになった今回の作品ですが笑える場面もありました。

久々に再開したソーキャプテンが戦いの最中に

「髪切った?」

「ヒゲ真似た?」

と会話を交わすシーンや、

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーに出てくるグルート
「アイ・アム・グルート」と言った事に対して

キャプテンが「アイム・スティーブ・ロジャース」

と自己紹介するシーン。

グルートが、「アイアムグルート」しか喋れない事を知らないキャプテン

そして、

真面目だからきちんと自己紹介しちゃうキャプテン。

彼が真面目が故に起こった微笑ましいシーン、会場でも笑い声が聞こえていました。

気になる次回作

気になる次回作アベンジャーズ4に関して、ルッソ監督が次回作は
日本をフィーチャーした作品になると言っていました。

日本をフィーチャーしてくれるなんて嬉しい!

とか思ってる人、ちょっと待て!

これは決して喜んで良いことではない。

海外の映画に日本の要素を取り入れると決まっておかしな事になる事は過去の歴史が物語っている。

ウルヴァリン SAMURAI

という作品をご存じだろうか?

見たことがなかったら是非見てみて欲しい、
いや、見なくてよい。

「アレは酷い、ドイヒーだよ」

日本の俳優の真田広之さんも出演しているのだが
以前何かのインタビューで真田さんが撮影の際に

監督があまりにも変に日本を表現しているのが気になり

「これはちょっと違いますよ」

ということを監督にやんわりと指摘をしたことがあったのだそう。
(真田さんも強くは言えなかったのだろう)

真田さんの訂正があったにも関わらずあのような
ウルヴァリンSAMURAIというドイヒーな作品になってしまったのだ…。

だからルッソ監督の日本をフィーチャーするという発言が怖くて仕方ない。

あと、

日本人の俳優がアベンジャーズの世界に出てきて欲しくない

マイティ・ソーの1作目に浅野忠信さんが出てきたときに
知ってる日本人の俳優が出てきてしまいなんだかとても違和感を感じた。
(浅野忠信が嫌いという事ではなくて)

今から楽しみで仕方がない次回作、とにかく日本要素を盛り込まないで欲しいと切に願います。

スポンサーリンク