ひとりカラオケ専門店ワンカラが最高に楽しいよ!誰かとカラオケに行くとかもう無理

スポンサーリンク

カラオケが嫌いです、超嫌いです。
詳しく説明すると、
複数人で行くカラオケが嫌いです、超嫌いです。

が、しかし

一人で行くカラオケは好きです。
凄~くたまに行きたくなります、1年に1回か2回くらい。

・カラオケが嫌いな人、
・カラオケはいつも友達と行くけど一人で行ったことがない人
・一人カラオケデビューしてみたい人

いろんなパターンの人がいると思うけど
一度一人カラオケに行ってみたらきっと楽しいじゃないのかなって思います。

ひとりカラオケ専門店ワンカラ

ワンカラとは、“ひとりカラオケ専門店”です。
店舗数は、全国で11店舗(2017年8月現在)と、
残念ながらまだまだ数は少ないです。

最近久々にワンカラに行ってやっぱり一人カラオケって楽しいなと改めて感じました。

ワンカラの室内はこんな感じ

⇩人ひとりが入れるスペース

⇩上にはエアコンがります。

⇩エアコンの開閉はレバーを回して行います、意外とアナログ。
⇩正面のモニターは自由に角度や高さが変えられます。

⇩壁の横には引っ張り出せるドリンクを置くテーブルがあります。

⇩テーブルを出すとこんな感じ

⇩椅子に座って歌っても良し。

⇩ドアはこんな感じ、ガラスの上3分の2くらいが曇りガラスで見えづらくなってます。
ドアの暑さも普通のカラオケ店のドアよりもぶ厚い印象でした。

⇩機材が2つ置いてあります。
左の小さい機材にヘッドフォンを差し込みます。
右のツマミの付いた機材で音を調節します。

⇩沢山ツマミがあってなんだかよく分からないと思った人もいると思いますが、
ツマミに“白い印”が付けてあるのでそれにツマミのレベルを合わせれば大丈夫です。

ちょっとわかりづらいですが、下の画像の赤丸で囲った箇所に“白い印”が付いてます。
印が無いツマミはセンターに合わせておけばOKだと思います。
分からなかったら店員を呼びましょう(笑)

⇩左の小さい機材にヘッドフォンを差し込みます。

⇩ヘッドフォンはレンタルすると安いものでも300円かかってしまうので
持っている人は自分のヘッドフォンを持ち込んだ方がお得です。
ちなみに僕は持ち込みました。

⇩マイクは2種類あります。
こちらは普通の手持ちのマイク

⇩こちらは、壁に設置してある“コンデンサーマイク”です、壁から引っ張って使います。

⇩プロ見たいでちょっと気分が上がります。
手持ちマイクとコンデンサーマイクを比べるとコンデンサーマイクで歌った時の方が
良い音で耳に聞こえてくるし、上手く歌えてる気がして気持ちいいです。

⇩部屋への出入りにはキーカードを使います。
部屋に置き忘れて部屋の外に出ないように気を付けましょう。

スポンサーリンク

今回歌った曲

今回かな~り久々にワンカラに行き3時間パックで入店しました。
(1、2年ぶりに行ったかも)

誰に文句を言われるでもなく自分の好きな曲を好きなだけ歌える
と思うとテンションがあがります。

そして今回歌った曲目はこちら⇩

歌手名 / 曲名

①ACIDMAN / リピート←喉に優しくスタート
②唄人羽 / 三日月とピアス
③中島みゆき / 糸←カラオケで初めて歌った
④中島みゆき / 糸←続けて歌う
⑤唄人羽 / 花サク
⑥唄人羽 / 陽射し
⑦ゆず / いつか
⑧ゆず / シュビドゥバー
⑨19 / あの紙ヒコーキくもり空わって
⑩エレファントカシマシ / 悲しみの果て
⑪エレファントカシマシ / 今宵の月のように
⑫RADWIMPS / スパークル←”君の名は”でちょっと知ったくらいだから歌えない
⑬DOES / 曇天
⑭DOES / バクチ・ダンサー
⑮中島みゆき / 糸←また歌いたくなる
⑯中島みゆき / 糸←さらにまた
⑰布施明 / 君は薔薇より美しい←ここから昭和モード
⑱布施明 / 君は薔薇より美しい(2002バージョン)
⑲松崎しげる / 愛のメモリー
⑳堺正章 / さらば恋人
㉑andymori / 1984
㉒Galileo Galilei / サークルゲーム
㉓BUMP OF CHICKEN / 車輪の唄
㉔ASIAN KUNG-FU GENERATION / ソラニン
㉕サスケ / 青いベンチ
㉖KANA-BOON / ないものねだり←Aメロくらいで消す
㉗KinKi Kids / 青の時代←覚えてるかなと思いきや全然覚えてない
㉘SMAP / オレンジ
㉙SMAP / 夜空ノムコウ
㉚RADWIMPS / ふたりごと
㉛RADWIMPS / なんでもないや←”君の名は”でちょっと知ったくらいで全く歌えない
㉜SEKAI NO OWARI / RAIN←3回くらいしか聞いたことないから歌えない
㉝SEKAI NO OWARI / 幻の命
㉞中島みゆき / 糸←止めのラスト中島みゆき

3時間で合計、34曲歌いました。

3時間はちょっと長いかなと思ったけど
(3時間パックが1番お得だったので)
まぁまぁ丁度良い時間でしたね、でも3時間歌うってけっこう疲れた・・・。

開始から約2時間近くぶっ通しで歌って、
途中休憩をはさんでラスト約50分歌った感じです。

歌いたい曲を何回歌おうが、

1番だけ歌って消そうが、

Aメロだけ歌って消そうが、

キーが高い部分は歌わないでいようが、

ぜ~んぶ自由♪

これを味わっちゃうと複数人でいくカラオケは行けなくなります。
やっぱり、ひとりカラオケ最高♪



ラインでクーポン

⇩LINEで友達登録しているとクーポンが届くのでおススメです。

普通のカラオケ店と何が違うのか?

普通のカラオケ店に一人で入った事も何回もあります。
一人で歌うという同じ事をしているのだけど、
普通のカラオケ店で一人で歌うのと、
ワンカラ(ひとりカラオケ専門店)で歌うのとでは

コレが全然違います!

 

普通のカラオケ店では歌声が外に漏れる

ワンカラではヘッドフォンを付けてそのヘッドフォンから
音楽と自分の歌声が聞こえてくる仕組みになっています。

なので実際に部屋の中に響いている音は自分のアカペラの歌声のみです。
(※マイクで大きくなった歌声ではない)

でその上、部屋はきちんと防音の作りになっているので
マイクを通していない自分の歌っている声なんてちっとも漏れません。

普通のカラオケ店だと自分の声が外や隣の部屋に漏れて
少し恥ずかしいし、他の部屋の歌声も聞こえてきてしまいます。

ですが、

そんな心配もひとりカラオケ専門店のワンカラなら心配いりません。
めちゃくちゃ音痴だろうが気にせず歌って楽しめます♪

店員が入って来ない

普通のカラオケ店では飲み物を持ってくる際に店員が部屋に入ってきます。

ですが、

ワンカラはドリンクバーなので店員が部屋に入ってきて
ちょっと気まずい・・・とかの心配や余計な気を使う必要がありません。

そこにいる人達全員の認識が同じである

普通のカラオケ店に一人で行くのは
やっぱり少し恥ずかしいという気持ちがあったりもします。
(都心のカラオケ店だと一人客は多いけど)

当たり前だけど周りは複数で来てる客がいるわけで
勝手な被害妄想だけど周りの複数人の客や店員に

「アイツ、一人で来てるよ~」

って思われてるんだろうな・・・とか思っちゃったリするわけです。

 

だが、しかし!

ワンカラは違うのだ!

その店にいる、店員、客、全ての人間が
ここは一人カラオケ専門店で
ここにいる客は、

“一人でカラオケを楽しむ為にきているのだ

という共通意識を持っているのである。

普通のカラオケ店との、この部分の違いはとても大きい。

だから、

一人で来ている事に対して何も余計な事を考えないで
思いっきり楽しむことができるのだ。

行ったことが無い人は一度行ってみて!
思う存分カラオケを楽しんで!
一人カラオケ楽しいよ♪

それでは、ミッツでした~。

スポンサーリンク