なぜあなたは乗らないの?バイクに乗らない人は人生半分損してる

スポンサーリンク

僕は中型バイクに乗っている。
そして、思うことがある。

バイクに乗っていない人は人生半分損してると思う。

バイクに乗っている時にふと思う。
バイクに乗っていない人はこの感覚、この感動を味わう事ができないのかと・・・。
なんで?乗らないのだろうかと・・・。

でも、バイクに乗るって良い事ばかりではないです。

バイクって乗り物は実に不便な乗り物です。
言ってしまうと、不便だらけです。

夏は暑いし、冬は寒い。
雨が降れば濡れるし、あらゆる自然の影響を受ける。
体も凄く疲れる。

でも、

でも、

それでも僕はバイクに乗ってしまう

僕がバイクについて思うことを書きたいと思う。

乗っているバイクは250ccの中型バイク

↓僕が乗っているバイクは250ccの中型バイクで車種は、ホンダのFTR223というバイクである。

中型免許は400ccまでのバイクが乗れる訳ですが、
250cc以下の排気量だと車検がなく維持費が安く済むので僕は250cc以下の排気量に乗っています。

それと、250ccってサイズがフットワークが軽く、ちょっと乗ろうかな♪って気持ちにさせてくれる。
(僕のバイクに乗ってる友人は400ccから250ccに乗り換えたりしてた)

ちなみに、非力なので高速道路の走行には向かないです。
走ることは法的にはOKだけれども、FTRではおすすめできない。
でもまぁ、下道ツーリング派の自分には丁度良いからOK.。

バイクが快適に乗れる時期は少ない

バイクって自然の影響をモロに受けるから、実は快適に乗れる期間がけっこう少ないです。
際快適に乗れるのは、春と、秋くらいだと思う。

夏は日中暑くて乗れたもんじゃないけど、夏の夕方に乗るバイクはメチャクチャ好きです。

春のバイク

バイクにとってはまだまだ寒い季節、普段着は半袖で大丈夫な気温でもきちんと着込まないと寒い。
花粉症の人はせっかく暖かくなってきて乗りやすい季節だけどしんどい季節だと思います。

夏のバイク

夏にバイクに乗ってる人を見て、気持ちよさそうだな~なんて思ってことないですか?
それは大きな勘違いです。

日中の走行は本当に暑くて、気を付けないと熱中症になるレベル。
日焼け対策もしないと真っ赤になってしまいます。
渋滞に巻き込まれたりしたら、もう灼熱地獄です。

秋のバイク

やはり気温的にも紅葉などの風景的にもとても乗りやすく気持ちが良い季節、
日中暖かいからといって薄着で山に入ったりすると寒過ぎて地獄をみます。

冬のバイク

寒い、寒すぎ、乗れない、ていうか乗らない。
ヒートテックを三枚着ようが何枚着ようがが寒いものは寒い。

スポンサーリンク

バイクの不便なところ

乗る感動と引き換えにバイクには様々な不便なところがあります。

雨での走行

雨が降っていたら乗れません、カッパを着て乗れるには乗れるけど
基本的には雨が降っていたら乗る気になれない。
視界も悪いし、危ないしで良いことなんて1つもない。

荷物が乗らない

バイクの種類にもよるし荷物が入るボックスを付けてれば別だけど、
基本敵にはバイクという乗り物は荷物が乗りません。

スクーターなら荷物を沢山積むことができるが、スクーターはバイクじゃ無いという価値観
の人も世の中には沢山いる。
ちなみに自分はスクーターも工程派(変な改造してるスクーターは嫌い)

バイクでの辛い経験

秋の夜の山道での極寒地獄

秋に栃木県日光に友人とツーリングに行った帰りのことでした。
季節は10月頃だったと思います。

行きは非常に天気もよく気持ちのいいツーリングでした。
帰りは道を変えようということで市街地ではなく山道から帰ることにしたんですが
これが大きな間違いでした。

10月の夜の山というのは、半端じゃなく寒いんですよ。
Tシャツにパーカーくらいの薄着で行っちゃったもんだから、
極寒地獄を味わいう羽目になりまして途中で見つけたコンビニで
ホッカイロを全て買い占めて体中のいたるところに貼ってなんとか山を降りることができました。

単独で自爆事故して救急車で運ばれて手術

免許を取った21歳の2年後くらいにバイクで事故って救急車で運ばれて手術をした事があります。
しかも貰い事故とかではなく単独での自爆の事故なので非常にお恥ずかしい・・・。

その当時乗っていたバイクは廃車になり、
それから期間が空き約7年後の30歳くらいから今度は東京でまたバイクに乗り出しました。

事故って痛い目に合ってるのにも関わらずまたバイクに乗りはじめてしまいました。

それでも僕はバイクに乗る

これまで挙げてきたようにバイクはメチャクチャ不便で危険な乗り物です。
その証拠に事故って救急車に運ばれて手術までしちゃってるのに

それでも僕はまたバイクに乗ってしまっているのだ。

バイクに乗っていたから出会えた沢山の素敵な風景がある。

秩父高原牧場付近

長い距離を走った後に食べるソフトクリームは格別に美味い

埼玉県の有間ダムにて

ダムをを見渡しながらのカフェオーレ。
バイカーの多くは缶コーヒー飲みながらタバコで一服しているけど、
僕はタバコを吸わないのでジュース飲みながらお菓子を食べていることが多い、
自然の中だとなぜかとっても美味いのだ。

 

埼玉県秩父のなんの変哲のない道

さっとバイクを降りてパシャリ。
自然の風景と一緒にバイクを撮るとなんでだか良い感じの一枚になる。

 

家から30分くらいの距離にあるお気に入りの公園

夕方の景色が好きでこれまでに何度もこの公園を訪れた。
バイクに乗っていなかったらなかなか行けない場所なわけです。

 

さっきと同じお気に入りの公園の夕焼け

家にいたら何にもない夕方がただ過ぎてしまうだけだけど、
ふらっとバイクでこのお気に入りに公園に行けばこんなにも綺麗な夕焼けが見れるわけです。

こんな風にバイク乗りで良かったな~と思う瞬間がいくつもある。

特に好きなのは暖かい時期に山や緑の風景が多い道を走っている時が最高に好きだ。
そして、Bluetoothイヤフォンで(危ないから片耳)奥田民生イージューライダーや、さすらいを聞きながら
ゆっくりと自分のペースで走っていると最高に気持ちがいい。

もうね、なんだろうかあの感覚は、気持ちよくてとろけてしまうような感じ。

みんな乗ればいいのに

バイクに乗っている人にも色々な人がいる、
一部のマナーが悪い人のせいでバイクに対するイメージが悪かったりするのも事実。
そんな悪いイメージが原因でバイクに興味を持って貰えなかったりるのだと思う。

爆音鳴らして走ってる奴や、無駄にスピード出して走ってる奴とか・・・
同じバイクに乗るものとしてそんな奴らと同じように見られたくないという気持ちがある。

僕は自分でいうのもなんだが、安全運転で乗っている。
(一度事故っているから)

悪いイメージもあるかもしれないけどバイクに乗ってみたら
今までになかった感動や、感覚や、景色に沢山出会えたりすると思う。

ちょっとだけ考えてみてはどうだろか、

私はなんでバイクに乗らないのだろうか?と。

まぁ、いろいろと語ったけど一言で言うと

バイクって楽しいよ♪

ってこと。

以上、ミッツでした。

スポンサーリンク