キンコン西野氏の手段を立つ話と、脳のRAS 網様体賦活系(もうようたいふかつけい)の話が関係してて面白い


キングコング西野氏の手段を立つ話と

それに関係する脳の、RAS 網様体賦活系(もうようたいふかつけい)

についての話がとても面白いので紹介します。

RAS 網様体賦活系(もうようたいふかつけい)

まず脳の事にについて説明します。

 

RAS網様体賦活系(もうようたいふかつけい)をご存知でしょうか?
初めて聞く人もいるかと思うので分かりやすい例え話をしたいと思います。

例えば、

『アディダスのスニーカー』が欲しいなと思ったとします。

すると街に出ると不思議とやたらアディダスのスニーカーが目に付くようになります。

そう、誰もが経験したことがあるこの現象のことです。

これは、RAS網様体賦活系(もうようたいふかつけい)という神経組織の働きで
脳に入ってくる情報にフィルターをかけて自分の価値観と一致している情報だけを脳に送る役目をしているのです。

脳の不思議

RAS網様体賦活系(もうようたいふかつけい)に関する脳の実験動画です。

この動画内で白いシャツの女性グループが何回パスをしたか数えてみてください。

どうでしたでしょうか?

正解は16回です。

しかし、

この動画の本当の目的はパスの回数ではありません。
脳という物は思い込みで簡単に錯覚を起こしてしまうという事を体験する動画なのです。

パスの回数を数えてくださいと言われたのであなたはパスの回数を数えていたと思います。

では、

女性たちがパスを出しあう中で途中、

ゴリラが右から左へ横断したことに気が付きました?

僕も最初に見た時は気が付きませんでした。

ゴリラの事を言われた後に再度動画を見たら、
簡単にゴリラに気が付きました。

めちゃくちゃゴリラ目立ってるじゃん!って感じで。

そしてもう1つ、

バックのカーテンの色が赤から黄色に変わったことに気づきましたか?

これも全く気が付きませんでした。

そしてこれも言われてから再度動画を見直すと
簡単に確認する事ができました。

先ほども言いましたがRAS網様体賦活系(もうようたいふかつけい)という
神経組織の働きで脳に入ってくる情報にフィルターをかけて、
自分の価値観に一致している情報だけを脳に送る役目をしているのです。

つまり、

意識を集中させたもの以外を除外するのです。

スポンサーリンク

脳の検索エンジンを利用する

”脳は意識した情報を取り入れる”と先ほど言いましたが、

その仕組みが分かったなら逆にそれを利用して、
欲しい情報を引き出す為に脳に質問を投げかけます。

どうしたら、〇〇ができるようになるだろう?

脳に対して質問を投げかけると脳は質問に対する答えを探してくれます。
最初に話した街でアディダスのスニーカーがやたら目に付くなるのと同じように。

これがRAS網様体賦活系(もうようたいふかつけい)というものです。

例えるなら脳は、Googleなどの検索エンジンと同じ働きをしているのです。

その脳に自分が欲している情報を投げかけて答えを導き出してもらえば良いのです。

キングコング西野氏の話

革命のファンファーレ 現代のお金と広告

ここでキングコング西野氏のお話を紹介します。

先ほど話したRAS網様体賦活系(もうようたいふかつけい)に繋がる話です。

スナックキャンディ

西野氏が手掛けた絵本、煙突街のプぺル

西野氏はこの絵本の世界の中のえんとつ街の中にあるという設定で
現実の世界に『スナックキャンディ』を作りました。

このスナックキャンディ、普通のお店と違う点があるのです。

飲食店でありながらなんと、

飲食代金が全て0円

意味が分からないですよね、飲食店なのに飲食代金を取らないって。

ではどうやって利益を得るのか?

それは、

ファンクラブの売り上げで店を回すという事。

約700人いるファンクラブの人達から(※2018年3月時点での人数)
支援を募り1人500円頂くとのこと。

ファンクラブの人数約700人×500円=35万円

これで1ヶ月35万円の収益を得るという事ができます。

しかし、

お店の家賃代が1ヶ月24万円かかり、加えて人件費、お酒代と、
とてもじゃないが35万円では店は回りません。

西野氏はスナックキャンディを始めるにあたり鉄のルールを定めました。

2か月赤字が出たら店を畳む

飲食店なのに飲食代金でお金をとらず、どうやって赤字を出さずに黒字を出すのか?

お店の問題は2つ

  1. お金が足りてないこと
  2. ゲロ問題

この2つの問題に対して、西野氏とファンクラブの人達で考え出た答えが

なんと、

1ゲロ罰金10万円

ゲロを吐いた人には罰金10万円が発生するというルール。

そりゃあ、お店を汚して迷惑をかけるのだから罰金制にしても良いと思う。

だがしかし、ここからが凄いのである。

ゲロを吐いてしまった人に対しての救済処置が設けられており、

ゲロを吐いた人にクラウドファンディングを立ち上げて貰い10万円を募るというのだ。

しかし、

一般人の無名の人間がいきなり10万円くださいと
クラウドファンディングを立ち上げたところで支援は集まらない。

そこで、

ファンクラブ全員でそれをリツイートして情報を拡散するというのだ。

結果、ゲロが支援になる。

ゲロで売り上げを上げる。

ゲロがお店を助ける行為になる。

ゲロで回る店

なんとう発想なのだろうか。

なぜこのような結果に結びついたかというと、
飲食代金でマネタイズしないという事を最初に決めてしまったから。

このようにゲロで回る店という歪な形になり、唯一無二の物になったのだ。

お笑い芸人として、ひな壇に出ない

西野氏自身が、25歳の頃にひな壇に出ないという事を決めた。
お笑い芸人がひな壇の仕事をやらないとなると仕事の99%、収入の99%を失うことになる。

ひな壇に出ないという事は、テレビに出れない。

ではどうするか?

その結果、

西野氏は絵本を書くという答えに辿り着いた。

では、どうする?を脳に投げかける

スナックキャンディ、と西野氏のひな壇に出ないエピソードを紹介したが、
これはまさに最初に話した脳に対して質問を投げかけて

RAS網様体賦活系(もうようたいふかつけい)を利用して
答えを導き出したという事に繋がるかと思います。

スナックキャンディは飲食店なのに飲食代金を貰わない
  • Q.ではどうやってお店を回すか?
  • A.ゲロで回す。
お笑い芸人としてひな壇に出ない
  • Q.ではどう活動するか?
  • A.絵本を書く。

脳がRAS網様体賦活系(もうようたいふかつけい)のフィルターを通して
答えを導き出したのです。

西野氏がこの事を知っているのかどうかはわからないけど、
理にかなった事をやっていたのだと思います。

今回紹介したスナックキャンディとひな壇に出ないこと以外にも
西野氏は目の前の問題に対して常に、

どうしたら、〇〇ができるようになるだろう?

と脳に対して投げかけているのでしょう。

まとめ

何か成し遂げたい目標があり、どうして良いのか答えが分から無い時は、

脳に対して、どうしたら、〇〇ができるようになるだろう?
と投げかけてみるのです。

脳がRAS網様体賦活系(もうようたいふかつけい)のフィルターを通して
必要な答えを導き出してくれるかもしれません。

僕自身もブログの運営に対して問題が山積みなので、
どうしたら良いのか?と自身の脳に投げかけてみています。

すると、

  • 時間の使い方に改善があるのではないのか?
  • 通勤時間を有効利用できないのか?
  • 会社の昼休みに出来る事はないのか?

と、

まだまだ小さなところではあるけど改善する箇所がポツリポツリと
浮かんできます。

これを常に意識すればやがて大きな変化に繋がるのではと思っています。

皆さんも自分自身の脳に投げかけてみてください。

どうしたら、〇〇ができるようになるだろう?

と。

スポンサーリンク