【要約と書評】”スタンフォード式最高の睡眠”のポイントまとめ!明日の自分へ最高の睡眠を贈ろう!


日中いつも眠い…。

寝ても寝ても眠い…。

寝ても疲れがとれない…。

一体どうしたら質の良い睡眠を取ることができるのか?

その答えを知る為に、

“スタンフォード式最高の睡眠”を読みました。

まとめ1:短時間睡眠は遺伝

ショートスリーパーに憧れていたけど、
生まれついてのものと知りキッパリと諦めました。

短時間睡眠は健康を害したりパフォーマンスが低下したりと、
デメリットが大きすぎるのでやめましょう!

まとめ2:最初の90分間がポイント

最初の90分が眠りのゴールデンタイムと言われている。

黄金の90分の質を高めればスッキリとした朝を迎えられるし昼間の眠気も消える。

スポンサーリンク

まとめ3:自律神経は2種類ある

夜になったらスムーズに副交感神経が優位の状態にしないと睡眠の質が下がり、
やがて自律神経のバランスが崩れて体調が悪くなってしまう。

まとめ4:夢は沢山見た方が良い

ちなみに、人は見たい夢を自由に見る事は不可能とのこと。

まとめ5:寝始めの90分で脳と体のコンディションが決まる

6時間寝た人と8時間寝た人がいた場合でも、
眠り始めの質によっては6時間寝た人の方がぐっすりと眠れてスッキリ起きれることもある。

まとめ6:最初の90分間の睡眠の3大メリット

さまざまな体の不調、

  • 頭痛
  • ストレス
  • 疲労感
  • イライラ
  • 肩こり
  • 冷え性

これらは自律神経の乱れによることが多い

まとめ7:最初の90分を黄金にする②つのスイッチ

まず基本的に就寝時間を固定する。

寝る前に入浴することで皮膚温度と深部温度の差が小さくなる。

まとめ8:睡眠のクオリティを上げる③つの体温スイッチ

忙しくて入浴が無理な人はシャワーでOK!

まとめ9:入眠をパターン化する脳のスイッチ

基本は寝る前は何も考えない事

眠りの天才は頭を使わない。(これ、のび太のことだよね)

まとめ10:覚醒のスイッチ②つ

覚醒と睡眠は表裏一体で、

良い覚醒が良い睡眠を生むし、良い睡眠が良い覚醒をもたらす。

まとめ11:睡眠レベルを高める覚醒戦略

朝起きてから夜眠るまでの行動週間が最高の睡眠を生み、
最高の睡眠が最高のパフォーマンスを生む。

まとめ12:眠気について

睡眠負債を抱えていると短い昼寝でも解消できない

まとめ13:睡魔に打ち勝つメソッド

暖かい物をものを飲んだ方が覚醒度が上がるのは驚き、
冷たい物を飲んだ方がシャキッとしそうなのに。

まとめ14:超一流の仮眠術

実際に私は毎日会社の昼休みに20分程仮眠をとっています。

昼休みの仮眠の20分はもの凄く寝た気がするけど、
実際は20分しか時間が経っていなくてとても不思議な感覚です。

すごい深い眠りなんだろうな~と思いますね。

まとめ15:ブルーマンデーを打破する土日の睡眠法

分かっちゃいるけど休みの日は夜更かしをしてしまうわけです…。
(だって楽しいじゃん)

その結果、睡眠のリズムが崩れて最悪の月曜日をいつも迎えています。

まとめ

この本を読んで意識が変わりました。

睡眠に対してというよりかは、

自分の体を大切にしよう。

ということに対して。

明日の自分の為に、今日の自分が最高の睡眠をとってあげよう

と思えるようになりました。

スポンサーリンク