過敏性大腸炎は本当にツラい、下痢が4ヶ月続いてパンツを8枚ダメにした。

SPONSORED LINK




大人になったら普通、ウンコって漏らしませんよね?
だってそう、なぜならば大人だから。

『大人=ウンコを漏らさない人』

なのである。

だがしかし、今年で35歳になる僕は今年の3月からの7月までの間の約4ヶ月間で
ウンコを何回も漏らしてしまっています、わりとスナック感覚で・・・。

その結果なんと、パンツを8枚ダメにしました・・・。
なんでこんなことになってしまっているのかをご説明します。

ちなみにこの記事を書いている今日も仕事帰りに家まであと10メートル
くらいのところで漏らしてしまいました・・・。

家が近かったので自分的にはギリギリセーフだと思ってますよ。
「いや、ギリギリアウトだろ!」って思うかもしれませんが、
もうね、僕くらいになっちゃうとね、これはもうセーフだよね、うん。
セーフだと思うよ、うん、セーフでいいと思うよ、だって家の近くだから。

原因は花粉症ではなく、『過敏性大腸炎』だった

お腹の調子が悪くなり出したのは今年の3月頃でした。
なんでこんなに下痢が続くんだろうと不思議に思っていました。

思い当たる事を調べていくとどうやら花粉症で下痢になるという事を知り、
花粉症である僕は腹痛の原因は花粉症なのではないかなと思いはじめました。

ですが、花粉症が落ち付いた時期になってもお腹の調子は一向に良くなりませんでした。
もしかしたら花粉症が原因ではないのでは?と思い医者にいく事にしました。

医者での診断の結果は今まで聞いたことのない病名を告げられました。
診断結果は、過敏性大腸炎

(精密検査などは行っていません、問診での診断でした)

過敏性大腸炎の症状

人によって多少の症状の違いや、重度軽度はあるかと思いますが僕の症状はこんな感じです。

  • 食べたら直ぐにお腹が痛くなる事が頻繁に起こる
  • ウンコは液体状
  • 便意が急に来てしかも我慢できない
  • 1日に何度もトイレへ行く必要がある(10回とかそれ以上)
  • 胃に負担がかかる食べ物、飲み物はとてつないダメージに繋がる(コーヒなど)

過敏性大腸炎が恐ろしいのは、本当に突発的に痛くなるということです。
そして普通の便意と違って我慢することができないということです。

トイレの回数

一時期の酷い時期に比べると最近は大分落ち着きましたが
絶不調調だった頃の一日なんてこんな感じでした。
起床
icon-arrow-down
トイレ

シャワー

トイレ

出勤、駅に到着

トイレ

会社到着

トイレ

朝礼

トイレ

昼食

トイレ

午後(トイレ数回

帰宅、夕食

夜(トイレ数回

軽く10回は越えてしまいます。
特に朝はお腹の調子が悪い事が多く、通勤の電車の中で何度も危ない状態になりました。

普段気を付けていること

過敏性大腸炎になってからというもの外出する際は腹痛にかなり気を遣うようになりました。
まず外出する際はお腹の調子を整えてから外出をする、
外出先でのトイレの場所をある程度把握しておくなど。

約4ヶ月でパンツを8枚ダメにする

信じられないかもしれませんがわたくし、今年で35歳になりますが
約4ヶ月でパンツを8枚ほどダメにしました・・・。

少しだけ漏らしてしまったりとか、盛大に漏らしてしまったりとか
人生でこんなにも肛門が忙しい時って今までにあっただろかと思います。

原因

医者の先生曰く、これと言って断定はできないが少なからずストレス的なものが
影響を及ぼしているとの事です。

僕はとても小心者な性格なので普通の人よりもストレスへの耐性が弱いのかなと思いました。
(うん、きっとそうだ。そうに違いない。)

医学的にもストレスで体調が崩れているということが証明されたので
やっぱり自分はストレスに弱いんだなと肯定されたようで
なんだかちょっと嬉しいというかそんな気持ちになりました。

こんなにも辛いよ過敏性大腸炎

盛らしたエピソード2つほどご紹介します。
過敏性大腸炎ってこんなに辛いんだよって事を少しでも分かってもらえれば幸いです。

汚い成分が多めに含まれている内容になっていますがご了承くださいませ。

エピソード1:ジョギング中に・・・

僕はたまにジョギングをするんですが最近は
お腹の調子が気になってジョギングをする気になれませんでした。

でも久々にジョギングをしたいなと思い、
お腹の調子を整え意を決してジョギングをすることにしました。

30分くらい走った頃でしょうか、
さっきトイレを済ませてきたにもかかわらずまたお腹が痛くなり始めました。

コンビニのトイレを使おうかなとも思いましたが残念ながら現金を持っていません。
トイレだけ使って何も買わないで店を出るのはさすがに気が引けます。

なので、やはり自宅のトイレを目指す事にしました。
軽く走りながら帰ろうとしますが軽く走るその振動でさらにお腹が
痛くなってしまうので焦る気持ちを抑えて早歩きで返る事にしました。

家まであと歩いて10分くらいの距離のところでしょうか、
落ち付いていたかに見えてたお腹が突如牙をむきだしてきました。


過敏性大腸炎の恐ろしさのイメージ図

過敏性大腸炎の便意は、急に訪れて我慢ができないのです。

時刻は23時頃、夜道にあまり人は歩いていない
そしてジョギング中ということもあってタイツを穿いている。

最悪、完全に漏らしてしまっても人に見られる心配もないし
タイツを穿いているので漏らしてもタイツが受け止めてくれるわけです。

不幸中の幸いです。(珍しくポジティブ)

僕は歩きながら穿いているタイツのお尻の部分をグッと引っ張りあげて
ケツ間の食い込ませました、決壊するダムの噴射を少しでも抑えるためです。

「なんとか耐えてくれよ」

家までの道のりを、そう願いながら歩きました。

しかしです、過敏性大腸炎の便意は

急に訪れて我慢ができないのです。

 

ザッパーーーーーーン!!!

タイツをケツの間に食い込ませていたのにも関わらず、
それをもってしてもダムの決壊の噴射の威力は凄まじいものでした。

ケツの間に食い込んだタイツを搔い潜り

モル、

モルモルッ!

モルモルモルッ!

モルモルモルモルゥゥーーーーー!!

 

完全にダムが決壊しました・・・。

 

(どんな擬音が一番合っているかなと色々と考えてモルが一番しっくりきた)

 

はたして今までの人生でこんなに大量のウンコを漏らした事があっただろうか・・・。
それくらい凄まじいダムの決壊でした。

おそらく成人男性の2日分ぐらいの量が出たんではないかと思われます。

家の近くの小さな公園を通り過ぎようとしたらベンチにカップルが座っていました。
そんなカップルの近くを脇目に大量のウンコを漏らしタイツを引っ張り上げながら歩く35歳の男性。

そしてやっとのおもいで家に着き風呂場でウンコまみれになったケツを洗い流しました。
間違いなく人生でワースト3に入る悲しい夜であった事は間違いないでしょう。

エピソード2:会社帰りに漏らす

その日は金曜でした、一週間の仕事を終えて心軽やかに外食で夕飯を済ませて帰る事にしました。
週末にする外食は一週間頑張った自分へのご褒美でもあります。

その日は蕎麦屋に行き、盛り蕎麦と、かき揚げ丼を食べました。
大盛りにしたのでなかなかの食べごたえでした。
(これが後に悲劇へと繋がるのでした・・・)

蕎麦を食べ終え店を出て帰路につきました。
「金曜日の夜の夜更かしを楽しんじゃうぞ~♪」と心ウキウキです。

そんな気持ちで歩いていると来ました、ヤツです。


過敏性大腸炎の恐ろしさのイメージ図

過敏性大腸炎になって早数か月、僕もさすがに経験値を積んでいます。
冷静に辺りを見渡し近くのコンビニを探しました。

幸いにも近くにコンビニがあったので早歩きでコンビニに入り、
一目散にトイレを探し店員に声をかけトイレに向かいました。

この時点でお腹はかなりヤバい状態になっています。
一秒、いやコンマ何秒でパンツを降ろさないと助からないところまできていました。

「トイレは空いてる! ツイてる!」

もう完全に勝利を確信していました。
後はベルトを外してパンツを降ろすだけです。

ん!? ベっ、ベル(汗)

んん!!! ベルトが(汗)

ベルトがぁぁあぁぁあぁぁぁ!!!!!!!!

ザッパーーーーーーン!!!

 

ダムの崩壊です。

人生で一番ベルトを恨んだ日かもしれません。

とりあえず便座に座りました。

「さぁて、面白くなってきやがったぜ」 (謎の強がり発動)

(やばいよ!やばいよ!トイレットペーパーで拭ききれる量じゃないよ(涙))

そんな混乱するさ中、僕は地元栃木県の友人B君の事をふと思い出したのです。

B君はわりとスナック感覚でウンコを漏らす人で漏らすことに関して言わば先輩です。

B君は車に乗っている際にウンコを漏らした時は慌てることなくコンビニに立ち寄り、
新しいパンツを買いコンビニのトイレでパンツを穿き替えるという猛者です。

彼には他にもこんなエピソードがあります。

ゲームセンターで遊んでいたら腹痛に見舞われてゲームセンターのトイレに向かいました。
ギリギリの状態だったこともありパンツを降ろすと同時に漏らしてしまい(勢いよく)
トイレの床や壁をウンコまみれにしてしまったのです。

そんな状況に陥ったB君はトイレの入り口から出て行ったら
トイレをウンコまみれにした犯人が自分だとバレてしまう事を恐れ
なんとトイレの小窓から脱出するという暴挙に出たのです。(彼は比較的体が小さいので)

(トイレットペーパーで掃除をして普通に出ればいいものを動揺していたのでしょう)

作戦は決行され無事に小窓から脱出した彼は、自由の身となるべく外に飛び降りました。

がしかし、

着地の際に膝をグネッてしまいそれが原因で膝を怪我してしまい入院して
手術する羽目になるという結果になりました。

B君が怪我をして入院したという事を聞きつけお見舞いに行った際に、
「ところでなんで膝を怪我したの?」
と聞いたら、今回のゲームセンターのトイレからのウンコプリズンブレイクの話を聞かされた訳です。

そんな彼のウンコエピソードを思い出し、
なにかこの状況を打開できるようなヒントになるようなものがあるかも?

と考えました。

「んっ! そうだ小窓だ!」

コンビニのトイレに小窓はありません。
というか、彼のエピソードからは何も解決策は得られません。

得られたのは、天罰があるんだなってことだけです。

パンツを捨てていこうか一瞬思いましたが迷惑がかかるし
自分がコンビニの店員だったらマジでキレると思うのでやっぱり却下。

「仕方ない、持ち帰ろう・・・」

取りあえず持ち帰ることは決定しました(当たり前)

バックの中にコンビニのビニール袋が入っていれば良かったんですが運悪く入っていません・・・。

「さぁて、面白くなってきやがったぜ」 (なぞの強がり発動)

(せっかくの週末の夜になにやってるんだろうオレ・・・(涙))

閃きました。

そうだ! トイレットペーパーでパンツをグルグル巻きにしてとりあえずリュックに入れて
トイレをで出たら何かを買って袋を貰ってコンビニを出たらその袋に入れればいいんだ!

天才がここにいました。

僕はまずトイレットペーパーでパンツをグルグル巻きにしました。
リュックの中にいれても大丈夫なように。

そりゃ、もう、グルグル、グルグル巻きました。
そしてリュックに入れました。

完全犯罪の成立です。

安心したのもつかの間、ここである事に気が付きます。

ズボンの下がノーパンです。

が、しかしこの問題はすぐに解決しました。

だってパンツ穿いてなくたって外からは見えないから問題ない。

何食わぬ顔をしてトイレを出て、コーラを取りレジに並びました。
会計の際に店員さんに、「こちらシールだけでよろしいですか?」
と言われたので僕は力強く、

「袋付けてください!(むしろ袋の方が欲しいです!)」

と伝えました。

コンビニを出て直ぐに裏道に入り先ほどトイレットパ―パーでグルグル巻きにした
パンツをビニール袋に入れてギュッと結びました。

そして、コーラで勝利の祝杯をあげました。

その日の帰り道は、なんだかとても充実した気分で
夜空がいつもよりキレイに見えて、
夜風で股間がスース―して気持ちいい
そんな週末の帰り道でした。

まとめ

汚い成分多めの記事になってしまいましたが、過敏性大腸炎は本当に辛いです。
今現在も治っていません。

今後の経過はまたブログで記事にしたいと思います。
ウンコを漏らして落ち込んでいる人、
どうだい?こんな35歳もいるんだぜ少しは勇気を貰えただろう?

それではまた!

SPONSORED LINK