アパートの壁が薄いせいで、隣の部屋から若い女とジジイのイチャイチャする音が聞こえてきた話

SPONSORED LINK




どうも、ミッツです。

僕は栃木から東京に上京してきて約7年になるのですが
初めての1人暮らしということもあり物件選びを失敗してしまいました。

いいわけをすると当時上京するにあたりスケジュールが忙しく
栃木から東京に物件を探しに出てきて一泊二日で決めなくてはいけないという
ハードスケジュールの中、物件を決めたのです。

なので満足する物件が選べるはずもなく、
なんやかんやその後もその時に決めた物件に住み続けているという状態です。
(もういい加減引っ越したい本当に)

今住んでいるアパートの部屋にかなり不満があって、
洗濯機が部屋の外にあるとか、部屋が和室とか、収納が狭いとか色々とあるんですが
その中でもだんとつで嫌な部分があります。

それは、壁が薄いということです。

今日は、壁が薄い部屋に住むとこんなにも嫌な思いをするよ!
ってことを書きたいと思います。

隣の部屋に女性が引っ越して来た

今から約3年くらい前のことです。
隣の部屋に女性が引っ越して来ました。

年齢はおそらく20代中盤くらいかそれよりもちょっと下くらいかと思います。

なぜ分かるかというと僕のアパートは大家の家が隣接していて
家賃を直接手渡しで持って行くシステムなんですがその時に大家さんに

「隣に新しい女性の人が引っ越してきたのでよろしくお願いしますね」

と言われたのもあるし壁が薄いので隣の部屋から女性の喋り声が聞こえてきたので
隣の部屋に女性が引っ越してきたんだなと分かりました。

ある日女性の部屋から男性の声が聞こえてきた

ある日の夜、隣の女性の部屋から男性の声が聞こえてきました。
まぁ若い女性だし彼氏だろうなと思いました。

もう一度言いますが僕のアパートの壁は薄いです。
どれくらい薄いかというと、

となりの部屋のスマホのバイブの振動音が聞こえてくるくらいの薄さです。

他にも、

  • イビキが聞こえてきてうるさい
  • 電話の声が聞こえてきてうるさい
  • 話し声が聞こえてきてうるさい
  • 音楽が聞こえてきてうるさい

など、とにかく壁が薄いので音が響いてしまうんです。

アパートの構造は”木造”ではなく”軽量鉄骨”なんですが、
軽量鉄骨の壁の薄さをなめていました。

軽量鉄骨にも色々と種類があるのかもしれませんが、
僕のアパートの軽量鉄骨はあまり良くない物なんだと思います。

話しは戻りまして、その隣の部屋から聞こえてくる男性の声がとてもうるさいのです。
しかも平日の深夜3時~4時頃まで話し声と物音は聞こえてきました。

うるさいな~!

と、壁をドン!

なんてできるような気の大きい人間ではないので、

僕は持ち前の気の弱さを活かして耐えました。

また次の週、同じ男性が来た

次の週も先週と同じ男性が隣の女性の家に来ました。
週の真ん中あたり、多分水曜日だった気がします。

2人で一緒にやって来ました、時間は夜10時くらいだっと思います。
そしてそこからまた深夜3時~4時頃までガサゴソと物音を立て
喋る声が聞こえてきます。

先週に続き今週もかよと・・・僕はイラつきました。

さすがに今日は我慢ならないと思い、

僕は持ち前の気の弱さをさらに活かして、ただただ耐えました。

またまた次の週、同じ男性が来た

またまた次の週の水曜日あたりに先週と同じく
夜の10時くらいに隣の住人の女性と男性が一緒に帰宅しました。

そこからまたガサゴソと物音を立て、喋る声が深夜まで続きます。

ミッツ
もう、我慢ならねぇ

さすがに温厚な僕でも怒りが頂点に達しました。

普段の温厚なミッツから怒りモードのミッツになりました。

ミッツ
オレこう見えてもちょっと体格良いからね!

中学、高校とサッカーやってたし!

筋トレとかチョットやってたし!

腕立てとか15回くらいはできるし!

腹筋とかすぐに疲れて嫌いだから、
監督に見つからないようにサボって上手いことやってたし!

あと、ちなみに格闘技やってる知人がいるからね!

友人じゃないよ!知人だよ!友人よりも遠い存在だからね!

僕は今週こそは我慢ならないと怒りを込めて

静かにしやがれ!!

と、思い切り壁にパンチを叩き込む!

がごとく!

壁に耳をピタッとくっ付けました。
・・・・・

・・・・・・

・・・・・・・・

きっ、聞こえる!?

 

思ったよりも声が聞こえる事に驚きました。

声の輪郭はさすがによく聞き取れませんが、だいたい何を話しているのかは分かりました。
(どんだけ壁薄いんだよこのアパート)

聞こえてきた内容

耳をすませば

そこにはジブリとは程遠いとんでもなく汚い世界がありました。

隣の住人である若い女性、おそらく25歳かそれよりも下くらいといった感じ。
男性の年齢は声の感じからすると、50代か下手したら60代くらいだと思います。

2人の話しに聞き耳を立てているとどうやら二人の関係は
なにかの学校かスクールか分からないけどそういった感じの
先生と生徒の間柄だということが分かりました。
(偉い人と、弟子の関係みたいな)

教え子と生徒が一つ屋根の下でイチャイチャって、

とんでもねぇ2人だな、おい・・・。

で、さらに耳をすますとこの年配の男性はどうやら何かの物書きの先生っぽいのです。

僕が思うにこの女は上手い事この先生に取り入って
物書きの世界で上手い事やって行こうとしているのだろうと予測がつきました。

この女とんでもねぇ・・・

盗み聞きじゃないか!と思ったそこのあなた!それは断じて違う!
盗聴とかしたらそりゃアレだけども、
”耳をすませば”聞こえてくるんだもの仕方ないじゃないか。

そもそも夜中にでっかい声で話してる方が悪いから!

ていうか、この2人の関係性が悪いから!

で、でですよ!

このかなり年配の男が酒が入ってるのか知らないですが、
若い女性に甘えた声を出しているのが

ほんっっっっとううに!!!

気持ち悪い!!!

オェェェェェーーーーーーーーー!!!( ゚Д゚)

考えてみてください、年齢差30歳くらいあるわけですよ!

ジジイが甘えた声を出してるんですよ!

オェェェェェェェーーーーーーー!!!( ゚Д゚)

で、ですよ!

風呂に一緒に入ってる音と声も聞こえてくるんですよ、
背中流してくれよ~って、

羨ましいぃぃ――――!!!

あっ、間違えた・・・

オェェェェェェェェーーーーーーーー!!!( ゚Д゚)

で、皆さんが気になるのはアレですよね?
分かってますよ男女が一つ屋根の下で風呂まで入ってるわけですから
その後の事ですよね、ちょっと濁した表現で”2P”としましょうか、

僕もこの後は2Pだろうと思っていました。
先週と先々週はおそらく2Pが無かったと思うので、
ジジイなりの紳士な振る舞いをしたんでしょうかね

で、これがですね

待てど暮らせど、一向に2Pの試合が始まらないんです。

改めてですけど、僕は壁に耳をピタッと付けて耐えてますよ。

深夜ですよ・・・
明日も仕事ですよ・・・
寝たいですよ・・・
でも耐えてますよ・・・

これが本当の”ピタットハウス”ですよ。

出典:ピタットハウス

2Pが始まらないのには理由がありました。

なぜなら、

女には元からその気がない。

 

そうなんです、先ほども言いましたがこの2人の関係は
何かの偉い立場にいるジジイとその生徒、
または師匠と弟子的な関係です。

この女はこのジジイの立場を使ってその物書きか何かの世界でのし上がるために
ジジイに良い思いをさせて得点を稼いでいるだけなのです。

なのでジジイがいくらその気になっても
絶対にガードは崩さず一線は越えないというわけです。

女って怖い、のし上がるためならこんなことまでもするのかと・・・。

それだけでは終わらなかった・・・

ジジイが来たのは週の中頃、水曜日でした。
その週の土曜日の夜、隣の部屋からまた男性の声が聞こえてきました。

男性の声ではあるがあのジジイの声ではないもっと若い男の声でした。
(おそらく20代の男)

こっこの女、とんでもねぇクソ女じゃん!!( ゚Д゚)

 

彼氏なのかなんなのか知りませんが
水曜日にジジイ連れ込んでその3日後に今度は若い男を連れ込んでいる。

そしてその日の夜、

僕が壁に、”ピタットハウス”する必要なもなく

 

大音量の2Pの試合の声が聞こえてきました。

 

なるほどね!やっぱり若い男とは試合するのね┐(´Д`)┌

じゃねーーよ! 声がでけええよ! うるせーーんだよ!!

とんだクソ女だなお前!!

男の方も、「〇〇って本当カワイイ体してるよね」

じゃねーーよ!

その女、3日前ジジイ部屋に連れ込んでイチャイチャしてたからな!!

とんでもねークソ女だからな!

そして次の日のことです。

僕が出かけようとして部屋を出たらちょうど、
この”クソ女””本当カワイイ体してるね男”が帰宅してきてタイミングよくすれ違いました。

僕はすれ違いざまにレーシックで回復した視力1.5の

両の目

でしかと見てやりました。

 

ブスじゃねーーか!

 

おいおいクソ女が!

お前それで「私、モテます、恋愛経験豊富ですけど」とかどっかで言ったりするんじゃねーぞ!

おいそれにそこの、”本当カワイイ体してるね男”! いいかげん気付けよ!

その女とんでもねーやつだからな!

一瞬ではありましたが面をおがめることができて良かったです。

大家さんとの会話

僕のアパートは大家さん宅と隣接していて家賃は、
直接大家さんに手渡しで持って行くというシステムになっています。

手渡しする際に大家さんと軽い世間話になるんですがその際に
「何かお変わりありませんか?」と聞いてくれます。

それは何故かというと、もし何か隣人に対して不満があった際は
直接隣人には言わず一度、大家に相談をして欲しいという事になっているからです。

僕は次の家賃を持って行くときに隣のクソ女が
ジジイと夜な夜なうるさいんですと言おうかどうか迷いました。

でも、やはり持ち前の気の小ささで我慢するかと半分諦めていました。

そして月末に家賃を払いに大家さん宅に行くとなんと大家さんの方から

「お隣さん夜うるさくない?」 と聞かれました。

ちなみになんで大家さんもうるさいと感じたかというと
僕の住んでるアパートはこのような作りになってまして、
(2階建てですが1階部分はこんな感じです。)

101号室に住んでるクソ女は大家さんの家に隣接しているので
大家さんの家にも深夜のジジイとのイチャイチャうるさい物音や声が伝わっていたのです。
(因みに僕は102号室です)

大家さんの方からキターーーー!!(゚∀゚)

 

絶好のパスキターーーーーー!!

 

後はチョコンと合わせるだけ!!( ̄ー ̄)

 

ミッツ
はい、なんか最近夜にけっこう年配の男性の声が聞こえて
それが少しうるさかったりしますね
大家
なんか、先生なんですってね~
ミッツ
あっ、そうなんですかー、でも先生が家に来るって変ですよね~。
(やっぱり先生ってのは当たってたんだ!オレのピタットハウスは無駄じゃなかったんだ!)

推測ですが大家さんがクソ女にうるさいと忠告した際に
男性の事を聞いたんだと思われます。

まさか大家さんは、”ピタットハウス”してないでしょうからね(笑)

そんなこんなで大家さんと隣のクソ女がうるさいと意見が合致し、
うるさいということも無事に伝えることができました。

その後・・・

その後なんですがクソ女はそれからもう1度くらいジジイと、
”本当カワイイ体してるね男”を家に呼んだかと思います。
そして間もなくして引っ越していきました。

僕の予想では大家さんが忠告した後にもジジイと若い男を連れ込んだので
退去を言い渡されたんだと思います。

多分ですが、3ヶ月くらいしか住んでいませんでした。

だから壁の薄い部屋に住んではいけない

どうだったでしょうか?
壁が薄い部屋に住むと非常に生活に支障をきたします。

あなたは、

・ジジイが若い女性に甘える声が聞こえてきても良いですか?
・”〇〇って本当にカワイイ体してるよね”って声が聞こえてきても良いですか?
・他人の2Pの物音と声が聞こえてきても良いですか?

僕は絶対に嫌です!

こんな嫌な思いをしない為にも部屋探しは納得いくまでこだわって探した方が良いです。
僕は次に住む物件を探すとなったら何カ月も前から探すと思います。
そして特に壁の厚さにこだわって物件を探したいと思います。

以上、ミッツでした!
ではまた!

 

SPONSORED LINK