20代後半から上京して、東京で友達を作ることができた方法。(僕の場合)

スポンサーリンク

↑職業訓練校に通っていた時の、休み時間の一時。

田舎から東京に上京して果たして友達ができるのか?
と悩んでいる人っていると思います。

高校を卒業して大学に進学するために上京するのならともかく、
大人になってからの上京で、果たして友達ができるのか?

と悩んでいる人もいるかと思います。

かくいう僕自身は27歳の時に栃木県から東京に上京しました。
年齢的にはけっこう遅めな上京だと思う。

なぜ27歳という遅めな歳で上京したのかというのはまた追々話すとして
20代後半という遅めな年齢で上京して果たして知り合いや友人を

新しく作れるのだろうか?

上手くやっていけるのだろうか?

と思っていたわけだけど気が付けば東京で友人や知り合いも出来て
なんやかんや人との繋がりができた。

人見知りな僕が20代後半から東京に上京して
どうやって友人を作れたのか今日はそんな話をどうぞ。

スクールに通った

東京に地元の友人は何人かいたけどせっかく上京したし、
自分は自分で新しい人との繋がりや広がりを持ちたいなと思っていた。

上京と同時にその当時興味を持っていたキャッチコピーを学ぶスクールに通いだした。
今思い返せばコレがその後の東京生活に馴染む為に非常に良かったと思う。

そのスクールの名前は、宣伝会議コピーライター養成講座というもので
簡単に言うと広告においてのキャッチコピーやらの文章を学ぶスクール。

このスクールは平日のコースと土曜日のコースがあって、
僕は土曜日コースに通ったのだが結果この選択が良い方向に転ぶ事になった。

参加している人たちの年齢はバラバラで、
職業も学生だったり社会人だったりとバラバラ。

授業後の飲み会

土曜日のコースは土曜日の昼13時くらいから
1回2時間の授業を2回ほど行い夕方頃に授業が終わる。

土曜日の夕方には授業が終わるので
その後何があるかと言えば飲み会があるのだ。

後に平日コースの人と話す機会があり話を聞くと
平日コースは授業の始まりが19時で終わりが21時となり(多分)
それから飲み会になるという事があまり無いと言っていた。

ところが自分が通っていた土曜日のコースは授業後の飲み会が
毎週毎週当たり前のようにあった。

現在の僕は飲み会に行くという事が滅多にないけど、
当時はまだ20代だったし上京したてで友人を作りたいと思っていたのでほぼ毎週参加した。

その結果自然と友人ができていった。

同じ目的を持った人間同士なので打ち解けるのが早い

コピーライターの講座に通っている人間同士なので
皆、コピーライターになりたいとか、興味があるとか目的が同じなわけです。

皆で情報を共有したり、
毎週出される課題について意見しあったり

同じ時間や悩みを共有する事で自然と打ち解けるのも早く
気が付けば皆仲良くなっていて
自然と発生する仲良しグループに僕も属する事ができた。

因みに僕の性格は自分から声かけて輪の中に入っていけるような
明るい人間ではないけどそんな僕でもなんやかんや自然と友人の輪に入ることができた。

職場

職場で友人関係の間柄に発展するのってなかなか稀だと思う。
だってどうしたって、

職場の人

という関係性があるから。

でも友人関係にまで発展できた一つの要因として

自分も相手も、派遣社員だったから仲良くなれた部分があると思う。

普通の正社員とは違って派遣社員というのはやっぱり皆
何かの理由があって派遣社員という境遇だったりする場合があるわけで
そこでお互いの悩みの共通点が一つあることになる。

職業についての悩み事が同じという事が
職場の人間だけど仲良くなれたことの要因の一つだと思う。

自分の部署ではない、部署の人の方が仲良くなれる

職場で友人関係まで仲良くなった人がいるけど、
結果、その人は自分が働く部署じゃなくて隣の部署の人だった。

この、隣の部署というのがとても良い距離間なのである。

同じ部署で働いてる人間ってどうしたって
ずーっと長い時間接するので嫌な部分が目に付いてくる。

だから、やっぱり職場の人、仕事上での付き合いだけの人
という間柄になってくる。

コレが隣の部署の人だと仕事で関わるのはほんのわずかなので
程よい距離を保てて良い間柄を気付く事ができる。

僕の場合、結果友人関係に発展するほど仲良くなれた。

スポンサーリンク

職業訓練校に通った

現在35歳だが32歳の時にwebの職業訓練校に通った。
ホームページを作る為の知識を学ぶために。

webデザイナーってなんだかカッコよくね?っていうくらいの軽いノリで。
そんな軽い考えで通い出した過去の自分をぶん殴りたい・・・。

職業訓練校の期間は4か月間でその内訳は、
学校での授業が3カ月間、企業での実習が1か月間となっている。

月曜から金曜日まで朝の10時から夕方まで
1時限、50分間の授業が6時限まであった(確か)

けっこう普通の学校みたいな感じの授業時間で、
学校なんてものからかなりかけ離れた当時32歳の自分にはしんどいものがあった。

通っていた人の年齢層の平均は20代後半くらいだったと思う。

学校みたいで自然と仲良くなる

職業訓練校は学校みたいだから自然と仲良くなる。
学校なんだから当たり前っちゃ当たり前なんだけどね。

月曜日から金曜日までの朝から夕方までの長い時間を3か月間一緒に過ごすので
そりゃぁ自然と仲良くなるし、自然とグループも出来上がる。

就職という同じ目的がある

コピーライターの養成講座のときもそうだったけど、
やっぱり同じ目的意識がある人同士は打ち解けて仲良くなるのも早い。

皆が就職に関する情報を共有したり、
授業で分からなかった事を放課後教えあったりして
自然と触れ合う機会があるから仲良くなるきっかけがある。

まとめ

誰も知らない場所で新しい友人、知人を作りたいと思ったら
自分が興味のあるコミュニティーに属するのが良いと思う。

僕は上京と同時にコピーライターのスクールに通った事が結果的に成功だったと思う。

東京での生活を良い形でスタートできた。

とりあえず、「1年目は成功!」っていう感じかな、今思えば。

そうやって上京1年目を良い形でスタートできたおかげで
新しい友人、新しい環境、東京って色んな物があって面白いなって
思えて栃木出身の田舎者の20代後半の自分が徐々に東京に馴染めたわけです。

これが例えばスクールとかに通わず、
普通に働くだけの1年目を過ごしていたら、
友人もできず東京つまらないな~、
地元に帰りたいな~なんて事になっていたかもしれない。

繰り返すけど、

僕みたいに年齢が20代後半とかで上京したいと思ってる人は
東京で何かしらのコミュニティに属する事をお勧めします。

スクールや、職業訓練校だとちょっとハードルが高いと思うので
気軽に参加できるもので良いと思う。

自分が興味があるもの事の集いの場なんて調べればいくらでもあるし、
そこに足を運んだら良いと思う。

20代後半から上京して友人を作れるか不安に思ってる人に
役に立てれば幸いです。

それでは、ミッツでした!

 

 

 

 

スポンサーリンク