電車通勤中に腹痛にならない方法を教えよう

スポンサーリンク


どうも、脱糞系ブロガーでお馴染みのミッツです。

誰が脱糞系ブロガーだ! コノヤロウ!
そんなキャラじゃねぇし! 言った奴出てこいよ!

おっと失礼、取り乱しました。

確かに、以前の僕は半年に1回くらい漏らしてましたよ

(ちょろっとだよ、ちょろっと・・・)

しかーし! それはもう以前こと。

現在の僕は、キッチリシッカリと自分の肛門の管理ができています。
やっぱりね、できる男ってのはしっかりと肛門の管理もできるんですよ。

ではどうやって、肛門の管理のできる男になったのかその方法をお教えます。

家を出る前には何も食べない

ズバリコレ!!

朝飯を食わない。

そんな単純なこと!?って思うかもしれないけど
結局これが一番効果があります、いやマジでね。

僕は朝飯をしっかりと食べたい人間なので朝飯を食べてから出勤していました。
これにより通勤中に腹痛が起こるという事が度々発生し、
地獄を味わうという事が度々ありました・・・。
(何度神に祈ったかわかりません)

通勤中に腹痛が起きる原因として考えられる要因

  • 朝食を食べると歩く行為が胃に刺激を与えてしまい、
    消化が促進され結果腹痛に繋がってしまう。
  • 精神的なストレスが、お腹に影響を与え
    胃に食べ物が入っていると腹痛に繋がってしまう。

これらの要因から来る腹痛を抑えるために家を出る際は、
朝食をとる事をやめました。

と言っても水分は多少摂取したいので、
水を飲むか寒い時期なら白湯を飲むようにしています。

朝の眠気覚ましにコーヒーを飲みたいところですが、
胃への負担を考えるとコーヒーはかなり危険なので飲みません。

朝食を取らなければかなり!
腹痛を起こす確立を減らすことができます!

駅に着いてから朝食をとる

じゃあ、朝飯は食べないのか?

いやいや、朝食を食べなかったら空腹で仕事になりません。
大丈夫って人もいるかと思うんですが僕は絶対に無理。

なので、朝食は絶対に食べておきたい!

そこで考え辿り着いたのが、

”駅に着いてから会社までの間に歩きながら食べる”

という作戦です。

僕のお勧めのパンはどこのコンビニにも売っている

”チョコチップのパン”です。

どこのコンビニにも同じような物があって、
値段100円と安く6本入りというのも嬉しいですし歩きながら
食べやすいのでお勧めです。

スポンサーリンク

腹痛が起きなくなった以外でもメリットがある

以前の家で朝食を食べるスタイルだと朝食を食べる時間は、

7時15分頃でした。

これだと昼飯の12時までに、約4時間45分の時間の空きがあります。

がしかし、

駅に着いてから朝食を食べるスタイルですと、
朝食を食べる時間は朝8時30分から40分

昼の12時までの空き時間は、約3時間20分

2つの昼の12時までの時間差は、

約1時間25分

昼飯までの時間を1時間25分減らすことにより、
午前中お腹が減って辛いということが少なくなりました。

歩きながらパンを食べる姿は、ニューヨーカー

出勤中歩いてパンを食べているところを職場の方に見られて

 

職場の人
ニューヨーカーみたいでカッコよかったですよ~。

なんて言われました。

 

ミッツ
えっ、朝のオレってニューヨーカーみたいなの?
超カッケーじゃん!

(とんだ勘違いである、元を辿ればタダのクソ漏らしである)

きっと職場の人はコイツ歩きながらムシャムシャパン食ってるよ~
と思いつつも大人の対応をしてくれたのだろう・・・。
そんな人の優しさに触れた朝だった・・・。

(実際はコーヒーじゃなくてパンです)

まとめ

  • 朝食を家で食べるのを辞める。
  • 駅に着いてからか、会社に着いてから食べるようにする。
  • コーヒーも危険なので飲まない。
  • ニューヨーカースタイルなら腹痛も怖くない。

以上、通勤の腹痛を克服した、ミッツでした!

スポンサーリンク