読書が嫌い、苦手な人は「オーディオブック」を使えば克服できる!本は読まずに聴けば良い。


本を読みたいけど読めない、読書が苦手、活字が無理。

読書が苦手な人は多いかと思います。

僕自身もそうです。

でもあることで本との距離がグッと近づきました。

それは、オーディオブックです。

オーディオブックとは朗読された音声が聴けるというものです。

読書が苦手なら読まずに聴けばいい。

そんな、新しい読書の方法があるのです。

読書が苦手な人は試す価値があります。

▼関連記事▼

【Amazon】Audible(オーディブル)を詳しく説明!「読者が苦手なら聴けばいい」
無料体験30日間の入会と退会の方法を説明。

読書が苦手、嫌いなら読まなきゃいい

僕も読書が苦手な人間ですが、
読書が苦手な人にはさまざまな理由があるかと思います。

  • 活字が無理
  • 眠くなる
  • 文字だけはつまらない絵がないと無理
  • 読むのに時間がかかってしまう
  • 面倒臭い

読書に対するこれらの問題を解決するのはなかなか難しいです。

そこで考え辿り着いた答えがあります。

「じゃあ、読まなきゃいい!」と。

読書=読む

という固定概念に縛られていたけど、

読書=聴く

という読まなくても本の内容を知る手段があり、

それが、オーディオブックというわけです。

読書が苦手な人ほどオーディオブックがおすすめ

読書が苦手、嫌いな人にとってオーディオブックをすすめる1番の理由はこれ、

文字を読まなくて良い。

もう、これにつきます!

最も苦痛としていたものをしなくて良いのです!

僕は読書のスピードが遅くその苦手意識もあって、
読書をすることにとてもエネルギーを奪われます。

それがオーディオブックなら、
再生ボタンを押せば朗読が進んでいくのであとは聞いていればOKとなります。

オーディオブックに馴染みがない人にとっては、

「それは読書じゃないんじゃないの?」

なんて思うかもしれませんが、

「読む」と「聴く」とでやり方は違えど、
目的が同じであることに変わりありません。

重要なのは本の内容を理解するということです!

なので無理して文字を読まなくても、
耳で聴くオーディオブックという自分に合った方法で、
本に書いてることを理解すれば良いのです。

スポンサーリンク

オーディオブックが合わない人もいる

僕は普段からラジオを聴くので、
耳のみで情報を得るということに抵抗がなく慣れています。

なのでもしかしたらラジオが苦手な人、
耳だけから情報を得ることに慣れていない人には
オーディオブックは馴染めないかもしれません。

それと、

文章を目で認識したいという人は、
オーディオブックにハマらないかもしれません。

視覚から取り入れる情報量はとても大きく、
文字を見れば一瞬で意味を理解できます。

視覚的な方が理解しやすいという人には
聴覚のみのオーディオブックは馴染めないかもしれません。

読書が人生にもたらすもの

とても有名な風刺画を紹介します。

▼本を読む人と、読まない人の見える世界の違いを表現した風刺画です。

3人の男性の足元には読んだ本が積み重なっています。

  • 左の男性の数は0
  • 真ん中の男性はそこそこの数
  • 右の男性は大量

左の男性

左の男性は目の前の狭い空間しか見えていません。

見えている世界が狭く、
ありのままの情報を鵜呑みにしてしまっているといった感じです。

これを見ているとなにも学ばなかったらこうなってしまうのかと、
恐さと悲しさみたいなものを感じます。

中央の男性

中央の男性は左の男性に比べて一見広い世界を見ているように見えますが、
その見ている世界は暗いもので世界の真実に落胆するような感じです。

ある程度の知識を得ることで自分の頭で考えて行動できるけど、
知識を得たことで闇の部分も見えるようになり、
現実の厳しさを感じてしまったというところですね。

右のたくさんの本を読む男性

中央の男性よりもさらに知識を得て高いところからキレイな景色を見ています。

この風刺画を見て思ったのは、
本に限らず全てのことに関して言えるのではないのかと感じました。

右側のたくさんの本を読んだ男性は、
なにごとも突き抜ければ見える景色は違うということを表しています。

なんの世界でも一流と呼ばれている人は突き抜けているというわけです。

読書のメリットは知らないことを簡単に知れる

読書には計り知れないメリットがあります。

自分が全く知らなかった新しい考え方、
新しい世界をカンタンに知ることができるのです。

なにか問題があった際に知識量が少ない自分から捻り出す答えと、
さまざまな知識を得てそこから出された答えとでは質が全く違います。

本には作者が何かについて何年もかけて試行錯誤した集大成が詰まっています。

それを1,500円程の値段で手に入れることができるのですから、
そう考えると本の1,500円の価値って凄いなと感じます。

AmazonのオーディオブックAudible(オーディブル)とは?

Audible(オーディブル)とはAmazonが提供するオーディオブックサービスのことです。

僕も実際に毎日の通勤時に聴いています。

通勤時間を単なる通勤時間ではなく、
自己成長の時間に変えることができるのでおすすめです。

30日間の無料体験があり期間内に退会すれば料金はかかりません。
本に触れることであなたの人生はきっと今よりも豊かになります。

>>Amazon オーディブル 無料体験30日間 icon-external-link 

オーディブルに関しては別の記事で詳しく説明しています。

▼関連記事▼

【Amazon】Audible(オーディブル)を詳しく説明!「読者が苦手なら聴けばいい」
無料体験30日間の入会と退会の方法を説明。

オーディオブックのおすすめの使いかた、歩いている時に聴く

オーディオブックは両手と両目が空くので、
さまざまなことと並行して使えます。

  • 家事をしているとき
  • 車の運転
  • 通勤の電車の中
  • 通勤の歩いているとき
  • ランニング
  • トレーニング

おすすめは、歩いているときに聴くことです。

それはなぜかと言うとウォーキングが脳にとても良い効果をもたらせてくれるからです。

ウォーキングなどの運動が、脳の記憶力と思考力を改善することが、
多くの研究で確かめられている。

ウォーキングなどの有酸素運動を続ける事で、脳の記憶や学習を司る海馬の神経が増え、
思考力や学習力などに関わる前頭葉や、記憶力などに関わる側頭葉のボリュームが増すことが、ブリティッシュ コロンビア大学の研究で確かめられた。

引用:糖尿病ネットワークより

このようにウォーキングとオーディオブックはとても相性が良いと言えます。

歩きながらの読書は危険ですがオーディオブックならそれが可能です。

オーディオブックを聴くためにウォーキングをするのは面倒ですが、
通勤のときに聴いてしまえば一石二鳥になるのでとてもおすすめです。

本を読むとすぐに眠くなってしまうという人も歩いていれば、
さすがに眠くはならないのでこの方法はとてもおすすめです。

まとめ:読書が苦手な人へ

読書が苦手、嫌いな人は無理して本を読まずに耳で聴こう。

「本は読まずに聴く」という新しい本との付き合い方を試してみることをおすすめします。

「読むことよりも聴く方が自分には合ってる」

と、新しい発見できて今よりも本が好きになるかもしれません!

▼関連記事▼

【Amazon】Audible(オーディブル)を詳しく説明!「読者が苦手なら聴けばいい」
無料体験30日間の入会と退会の方法を説明。

スポンサーリンク