【レビュー】ホンダFTR223に5年乗って思ったこと感じたこと、僕はこのバイクがやっぱり好きなんだなぁ。


ホンダのバイクFTR223にかれこれ約5年乗っています。

5年間乗って思ったこと、感じたこと、感想などを語りたいと思います。

FTRに乗りたいとか今乗っているバイクから乗り換えようかなと
思っている人は参考にしてみてください。

僕は自分でバイクのカスタムや整備をすることができないくらい
バイクに詳しくない人間です。そんな素人の感想ですのでご了承くださいませ。

ホンダFTR223というバイク

画像:ホンダホームページより

街中でも、ダートでも扱いやすい、スリムなボディー。
爽快なライディングを実現する、軽やかな吹け上がりの単気筒エンジン。
気軽にまたがり、思う存分アクティブに走りまわれる。
それがストリート・トラッカーFTR。

引用:ホンダホームページ

FTR223のスペックはざっとこんな感じです。

  • 排気量 :223
  • 重量  :128kg
  • エンジン:空冷4ストロークOHC単気筒
  • ギア  :5速
現在は生産が中止されています。

ちなみに他のメーカーのライバル車種は、

  • ヤマハ :TW
  • カワサキ:250TR
  • スズキ :グラストラッカ―ビッグボーイ
と言ったところです。

以前にヤマハのTW200に乗っていた事があるんですが、
FTR223の方が軽快な乗り味のような気がする(多分)

TW200はちょっとモッサリしてたかな・・・。

車体の重量はそんなに変わらないので23ccの差でそう感じるのかもしれない。

(バイクに詳しくない人間の感想なので参考程度に)

タンクの容量と燃費

タンク容量が7.2リットル、リザーブの容量は2.5リットルと容量は少ないです。

ツーリングでは給油する回数が多くて少し面倒だなと感じるのが正直なところ。

でも燃費はとても良く、街乗りでも30kmは超えます。
ツーリングだと35kmは走るのでいつも150kmを超えたら給油をするようにしています。

スポンサーリンク

軽くてスリムな車体

このFTRの重量は約128kgと軽めです。

現在住んでいるアパートにはバイク置き場がないけど
FTRは車体がスリムなので自転車置き場のスペースになんとか置けます。

同じ250ccクラスでも車体が大き目のバイクだったら、
今の置き場に置けていないでしょう、FTR様様です。

スズキのGSR250との大きさの比較

左:ホンダFTR223 右:スズキGSR250

左:スズキGSR250 右:ホンダFTR223

ホンダCB250Fとの比較

左:FTR223 右:ホンダCB250F

左:ホンダCB250F 右:FTR223

アパートの自転車置き場に置いているんですが場所が狭く、
シビアな位置調整が必要になります。

そんな時にFTRの軽い車体ならタンデムグリップを持って
なんとか持ち上げる事ができるので微妙な位置の調整をする事ができます。

軽いバイクで良かったとつくづく思う。

シートについて

タンデムシート部分

FTRの純正シートのタンデムシート部分は盛り上がっている形状をしています。
広さもそこそこあるので2人乗りをした際に後ろの人は乗りやすいです。

座るポジション

シートの後ろ部分が盛り上がっている形なので座るポジションを
あと少し後ろにずらしたいなと思っても後ろに移動できない。


僕の身長は177センチありましてあと少しシートの後ろの方に座りたいけど、
シートの形状のせいで理想の位置よりも若干手前になってしまう…。

なので、若干の窮屈さがあるのが正直なところ。

クッション性

僕はお尻が弱く椅子に座っていると直ぐに痛くなります。

そんな問題を解決するために以前、
シートの上に敷くゲルザブというクッションを使っていました。

>>Amazonゲルザブ関連ページ

レビューの評価も高くこれで”尻が直ぐに痛くなる問題”を解決できると
期待していたけど正直あまり効果は感じられず無いよりはあった方がましといった感じでした。

しばらくはゲルザブを使っていたけど、
やっぱりツーリングを快適なものにしたいと思い、
東京の墨田区にあるサゴウ工芸というところでシートのアンコ盛りをしてもらうことにしました。

※アンコ盛りとはシートのクッションを厚くすること

サゴウ工芸にてシートの加工中

費用は15000円所要時間は1時間くらいだったかと思います。

一度、加工途中の段階のシートで近所を試走して、
その後に仕上げの加工をするといった作業の流れでした。

サゴウ工芸に行く場合はシートを外す器具を
自分で持っていくのを忘れないように注意してください

気になる効果なんですが、
これまた自分の中での期待値を高く設定してしまっていたのか
「全然痛くならない」とまではなりませんでした。

やはりそれなりの距離を走ればお尻はどうしたって痛くなります。

でも以前よりは確かにシートに厚みが出て、
シートの前方に座りがちだったポジションがきちんと真ん中になり
尻が痛くなるまでの時間が遅くなったことは確かです。

個人的にはゲルザブよりもサゴウ工芸でのアンコ盛りの方が効果があるかと思います。

僕は直接店に行きましたがシートをサゴウ工芸に送って、
加工してもらうこともできるので遠方の方はそうされた方が良いかと思います。

高速走行について

FTRで高速道路を走行した事は無いです。(だって恐いから)

FTRは80kmくらいの速度でも振動がとても大きく
車体の軽さもありこれ以上のスピードを出すのは怖いなと感じる。

なので、

高速道路での100kmを出し続けるような走行は不向きだと思う。

余談ですが、

FTRの前にヤマハのTWに乗っていてとても恥ずかしいが、
単独自爆事故を起こして以来安全運転を肝に銘じてます。

60kmくらいの速度でゆっくり景色を眺めながら走るのが好きなので
そういう乗り方が好きな人には丁度良いバイクだと思う。

ツーリングについて

はっきりというと長距離のツーリングには不向きです。

東京の練馬から埼玉の秩父までの往復約170kmのツーリングによく行くけど
この距離を走るとけっこうクタクタになるほど疲れます。

そしてお尻がメチャクチャ痛くなります。(シートの加工をしていても)

ロングツーリングがしたい人はこのバイクを選ばない方がいいです。

純正のブロックタイヤ

▼FTRはダンロップのK180というブロックタイヤを履いています。


このブロックタイヤは見た目はとてもカッコ良いけど
縦溝の道路を走る際にけっこうグラつきを起こします。

▼縦溝の道路

画像:第一カッター興行株式会社より

縦溝の道路はただでさえバイクにとって走りづらいのに
ブロックタイヤだとさらに走りづらくてとても怖い。

それもあって現在はFTRにブロックタイヤではなく
オンロードタイプの”ダンロップTT100GPロードマスター”を履かせています。

▼フロント

▼リヤ

▼フロント

▼リヤ

このタイヤにしてからブロックタイヤの時よりも振動が減って走りやすくなりました。

とは言っても縦溝の道路はやっぱり走りづらくて怖いです。
因みに縦溝の道路を走る時は物すご~くゆっくり走ります。

丈夫である

平成24年に中古で購入したこのFTRは年式は2000年で走行距離、約17000kmでした。

購入から約5経過して走行距離は約34000kmでメンテに関しては
オイル交換とテールランプの電球の交換とチェーン注油をたまにやる程度。

ほぼほぼノーメンテで壊れる事もなく乗れている。(※バッテリー交換もしていない)

最近になってアイドリングが安定せず信号待ちで、
エンジンが止まることが起きてしまいさすがにそろそろ
メンテナンスに出さないとマズいかなといった感じではあります。

自分のようなバイクに無知な人間の雑な乗り方でも、
約5年無事に乗れているのでFTRは丈夫なバイクだなと思う。

年式も2000年なので17年も経過しているのを考えると尚更凄いなと思う。

FTR223というバイク

総評すると僕的には、

非力だけど可愛くて手元に置いておきたいバイクです。

手放そうかなと思ったことがあってバイク王に査定して貰った事もありました。

だけどやっぱり手元に置いておきたくてその時は寸前で思い留まった。

バイクが気持ち良い季節にコイツに乗って走っていると、
あの時に手放さなくて本当に良かったなぁと思う。

この気持ち良さを感じれるなんてバイク乗りで本当に良かったなと思う。

長距離はキツイけど街乗りとかちょっと走りたいと思った時に
フットワーク軽く乗り出せるそんなFTRというバイクが僕は大好きだ。

まだまだ手放さずにコイツを手元に置いておこうと思う。

関連記事:バイク王の無料出張買取査定で粘ったら、買取査定額が最初に提示された額の2倍以上になった話

スポンサーリンク