【実験】空腹でランニングするとダイエット効果が高いらしいので10キロ走ってみた


“空腹時に運動をすると痩せる”

コレ、聞いたことありませんか?

普段のランニングは夕飯を食べてから2~3時間後にしているけど
ランニングのダイエット効果をより高めるために、

空腹時に走ってみました。

しかも自分にとっては、かなり辛い10キロという距離を・・・。

頑張ったなオレ・・・うん、頑張った。

なぜ空腹時はダイエット効果が高いのか?

空腹時に運動をすると脂肪燃焼に効果的と言われています。
それはなぜかというと、

空腹時、人の体は予備のエネルギーである体脂肪を利用して、
運動するエネルギーを生み出そうとするからです。

反対に何かを食べた後に運動をすると、
その食べた物をエネルギーとして使うので
本来減らしたい体脂肪を燃やすまでに到達できないということになるのです。

「普段は夕食後に走っていたから、体脂肪までは到達できていなかったのか・・・」

空腹時の運動が効果的はウソ!?

空腹時の運動がダイエットに効果的ということについて調べていると、
なんと!それは全く効果が無いという情報もありました。

【ダイエット】空腹時の運動が効果的!はウソ!?? - NAVERまとめ

はたして真実はどちらなのか?

僕には分かりません。

ただ一つ言える事は、

何にせよ・・・

「結局、運動しないと痩せないよね」

ってことです。

ということで実験を兼ねて走りたいと思います。

スポンサーリンク

とりあえず10キロ走ってみた

空腹時の運動がダイエットに効果的か否かの真相を確かめるべく、
とりあえず10キロを走ってみました。

昼食を12時半くらいに食べそこからランニング開始の
19時30分までなにも食べずにスタートしました。

約7時間何も食べていない状態で走りました。

ランニング前の体重

▼ランニング前の体重は、“68.6キロ”

10キロ走った

▼10キロ完走

約1時間20分で10キロを完走しました。

以前は10キロ走るのに1時間くらいで走れていたのに、
1時間20分とかなり遅いタイムを叩き出しました・・・。

最近デブった原因は食べ放題に頻繁に行ったという明確な理由がありまして、
食べ放題とはその時の幸せとは裏腹にこんなにも辛い現実を突きつけてきます。

「ひどいじゃないか食べ放題、オレたちあんなに楽しくやってたじゃないか」

ランニング後の体重

▼ヘトヘトになって10キロ走った後の体重は、67.6キロ”

1キロ・・・

あんなにヘトヘトになって走ったのに減ったのはたったの1キロ・・・。

「汗で水分が出ただけで、脂肪が燃焼したのかどうか分からない・・・。」

検証結果

10キロを1回走ったくらいじゃ痩せたかどうか分からないという結果でした。
(やる前からだいたい予想はできてた・・・)

正直1キロ体重が減ったのは体の水分が出ただけだと思われます。

週に2~3回とか空腹ランニングをやればさすがに痩せると思いますけどね。

僕には無理です・・・死んじゃう。

でも、

今回空腹状態で走って普段と違ってメリットを感じた点は

体が軽くて走りやすかった!

っていうところですね。

普段は夕飯を食べてから2~3時間後に走っていたので
少しお腹が重たいなと感じつつ走っていたので。

今回その点はとても走りやすくて快適でした。

少しでもランニングを快適にする為に

しんどくて辛いランニングを少しでも快適にするために、
僕が使用しているアイテムなんかを紹介します。

スマホケース

▼腕に巻き付けるタイプのスマホケース

腕に巻きつけるタイプのスマホケースなんですが、
これって腕を振る動作でちょっとズレちゃうのが嫌なんですよね。

だからといってキツく巻き付けると腕が圧迫されてしまうのでそれも嫌。

それと、

左右の腕の重さが違うってことが走ってるとコレが結構嫌なんですよね。

やっぱり運動するのに左右非対称ってよくない。

そこでオススメなのがこれです!

▼お腹に巻き付けるタイプ

>>Amazonランニングスマホケース

このタイプはお腹に巻き付けるので腕タイプと違い体の真ん中に
スマホの重さがくるので走る事への悪い影響も感じません。

多少緩めでも腰骨で止まって下にズレ落ちるということはないので、
個人的には腕のタイプよりも非常に使い勝手が良いなと感じてます。

腕タイプを使用していた時よりも走っていて気になることもなくなり、
ストレスがかなり減りました。

ブルートゥースイヤホン

▼ブルートゥースイヤホン

 

>>Amazon Bluetoothイヤホン

有線のイヤホンは走っている時の振動で跳ねてジャマだけど、
Bluetoothイヤホンならそのストレスもなくかなり快適にランニングすることができます。

「なんでもっと早くブルートゥースイヤホンを買わなかったんだろうか!」

って本当に悔やみましたね。

もう、これなくしてランニングはできない。

でもこのBluetoothイヤホンを使っててちょっと嫌だなと思った部分は、
電池残量が少なくなってくると女性の声で、

「バッテリーが少なくなりました、充電してください」

っていうアナウンスが流れるんですが、
何度も繰り返し言ってきてコレがけっこうウザいです。

2016年11月27日に購入したのであと少しで1年経ちますが、
毎日の通勤とランニングに使用して故障もせず使えています。

音楽で気分を上げる

ランニングの最中のしんどい、辛い、疲れた、走りたくない、もう嫌だ・・・。
などのネガティブな感情を消し去る為に必要不可欠なものが“音楽”です。

過去にランニングの最中にBluetoothイヤホンのバッテリーが切れてしまい
無音で走る羽目になってしまったことが何度かありますが、
音楽が有るのと無いのとでは走ってる時の気分が全然違います。

無音はマジで無理・・・。

計測してモチベーションを上げる

ただランニングをしただけではどれだけ走ったのか、
ペースや距離や時間など詳細が分かりません。

記録を取ることでデータを見てモチベーションや満足感を得られるので、
ランニングをする際はアプリを使って記録することをお勧めします。

▼ずっと使ってるランニング計測アプリ“Runmeter”

Runmeter GPS - ランニング ウォーキング サイクリング トレーニング
Runmeter GPS – ランニング ウォーキング サイクリング トレーニング
開発元:Abvio Inc.
無料
posted with アプリーチ
他にも良いアプリがあるかもしれないけどなんやかんやずっと使ってる。

 

以上が、僕がランニングをする際に使っているアイテムでした。

スポンサーリンク