スーツが嫌いすぎる、なぜこんなに疲れる服で仕事するのか理解できない。

スーツを着た男性

スーツが嫌いだ、大嫌いだ。

この世から無くなればいいとすら思う。

自分が思う、

この世からなくなっても困らないものランキングのトップ3に入る。

疲れるし、動きずらいし、洗濯は大変だし、お金がかかるしで
とにかく大嫌いなのである。

そんな大嫌いなスーツの理由などについていろいろ書いた記事です。

スーツの歴史

スーツを着た男性

モーニングコートの裾を切り落とした上着が19世紀のイギリスで生まれた。

イギリスではラウンジ・スーツ(Lounge Suit)、アメリカではサック・スーツ(Sack Suit)
と呼ばれ、当初は寝間着・部屋着、次いでレジャー用だった。

しかし19世紀末から20世紀の初頭にかけてアメリカのビジネスマンがビジネスウェアとして着用し始め、その後世界的に普及した。

引用:wikipediaより

スーツは当初ビジネスに用いられてなかったようですが、
アメリカのビジネスマンがきっかけで広まっていったとのことです。

アメリカのビジネスマンがスーツ以外の服を選んで着ていたら
それがビジネスウェアとして広まっていったのかもしれない。

そう考えると、

常識や決まりなんてものはそんな程度のものなんだなと思う。

なんでもっと楽なカジュアルな服装をビジネスウェアとして選ばなかったのだろうか?

ボク
20世紀初頭のアメリカのビジネスマンの責任は大きい…

スーツが嫌いな理由

スーツが嫌いな理由はたくさんあります。

スーツは窮屈で疲れる

疲れてベッドで寝ている犬

とにかく体全体が窮屈でしかたがない。

スーツを着る着ないでその日、一日の疲労度はかなり違う。

毎日スーツを着て働いてる人達って凄過ぎる。

毎日着るものなんだから少しでも体に負担をかけないものを
着るべきだろうと思うわけです。

洗濯が大変

コインランドリーの洗濯機に体を突っ込んでいる人

スーツは洗濯も大変です。

家で洗濯せずにクリーニングに出す人が大半だと思う。

着ているときも大変で、洗濯も大変なんて、

一体どんだけの労力を使わせるのだろうか。

スーツは人に対して、とても優しくない服だと思う。

ワイシャツ、ネクタイ、革靴と面倒臭いものばかり

革靴とネクタイ

スーツを着るということはそれはすなわち
ワイシャツネクタイ革靴も必要になる。

僕はワイシャツのボタンを上までキッチリ留めるのがとても嫌いで、
首を絞められているかのような圧迫感を感じる。

その圧迫感を感じている状態の首に、
さらにとどめを刺すかのごとくネクタイを締めるわけです。

そして、僕は思ったのです。

ボク
ネクタイの意味って一体なに?

なぜに首に巻くのか?

なぜ首もとにプラーンとしたものぶら下げるのか?

オシャレなのか?

自分で考えたところでまったく答えがわからないので、
ネクタイの起源を調べてみた。

ネクタイの起源として伝わる有名な説として、ルイ13世を守るために
クロアチアの兵士(en)がフランスを訪れた際、彼らが首に巻いていた
スカーフが起源である、というものがある。

引用:Wikipediaより

ボク

ふむ、ふむ、なるほどクロアチア兵士のスカーフが起源だと…。

 

なるほど、なるほど・・・

 

クロアチアの兵士が、起源で・・・

 

あーなって、こーなって・・・

 

あーなるほど、なるほど・・・。

 


『クロアチアの兵士やってくれたな!』

お笑い芸人の上島竜兵

画像出典:NAVERまとめより

ってことは、クロアチアの兵士が首になにも巻いて無かったら
もしかしたらこの世にネクタイは無くて、

ネクタイを巻くという面倒臭いことをやらないで済んだかもしれないわけだ。

 

そう考えると、

 

やっぱり・・・

 

 

『クロアチアの兵士やってくれたな!』

お笑い芸人の上島竜兵

さらに、スーツの足元と言えば革靴である。

  • 歩きづらい
  • 痛い
  • 疲れる
  • 蒸れる

スーツに続きこれまた嫌な部分が多い。

 

革靴の起源は特にWikipediaで調べてないけど・・・

 

 

『やってくれたな!』

お笑い芸人の上島竜兵

きっとアレだろ。

中世ヨーロッパの何かがアレでこうなって、あーなってだろ。

だいたいそんなもんだろ。

 

ボク
すみません、あまりにもスーツが嫌いで取り乱しました。

 

スーツが嫌いなことについていろいろと言いましたがまとめると、

ボク
竜ちゃんありがとうってことです。
スポンサーリンク

スーツが嫌い:まとめ

スーツが死ぬほど嫌いで着たくない人は

スーツを着なくてもよい仕事に就くべきです。

スーツを着なくてもよい仕事については、
別の記事で書いているのでぜひ読んでください。

関連記事:スーツで働きたくない!スーツが嫌いなら自由な服装で働ける仕事に就こう。

ボク
働くときの服装を理由に仕事を選んで良いと思うのです。
スポンサーリンク


 icon-hand-o-right こちらも合わせてどうぞ

1.読書をすれば人生は豊かになる!

2.あなたの婚活偏差値は?

3.無料で動画をたくさん見る方法!