10代、20代の若者へ。35歳のおじさんが、おじさんのしんどさや辛さを語るよ。

スポンサーリンク

今年で35歳になりました。

紛うことなき、“おっさん”です。

以前にアメトーークで、“おじさんたち”

という会をやっていて50歳を目前とした40代の芸人たちが、
おじさんあるあるをたくさん言っていたのですが、
悲しいかな35歳の自分は共感する部分がたくさんあって(ていうかほぼ全部)

若い人にはあまりピンとこないことかもしれないけど
おじさんってこんなだよ、35歳ってこんなだよって
事について書きたいなと思います。

同年代の人は、「あ~わかるな~」
ときっと共感してくれるんじゃないかと思います。

※世間一般的な35歳がどうだか分かりませんが、
こんな35歳もいるんだなという感じで読んでください。

体にガタが出てきてもうガタガタ

35歳のおじさんともなると色々と体にガタが出てきます。
この体を35年も使ってるんだからそりゃそうだろうなと思う。

ていうか、人間の寿命に対して体が老いるのが早すぎると思うんだけど
もうちょっと折り返し地点を後ろにして欲しい。

せめて50代くらいからにならないものかと、
30代中盤でこんな感じだと40代に突入したらどうなってしまうんだろうかと
今からとても恐ろしくてしょうがない。

疲れが抜けない、常に疲れている

一晩寝ただけじゃ体力が100%回復するなんてまずあり得ない。
ドラクエの宿屋に泊まったら全回復ってあのシステム絶対無理だから。

寝て起きたら頭が痛いとか寝る前よりも体調悪くなってる時とかあるし
睡眠中に一体何があったの?って感じで睡眠でダメージを受けたりします。

肩が上がらないし、回らない

個人差があると思うけど肩を回したり上げたりするのって
こんなにもスムーズに動かないっけ?てくらいに動きが悪い。

肩を回すと、ゴリゴリゴリ!と音が鳴ってスムーズに動かない。
35歳にして四十肩になってしまっている自分が悲しい。

代謝が落ちた

若いころは少し体重が増えたら週末に
ジョギングをすれば直ぐに効果が出て体重を落とせてた。

でも今は代謝が落ちてきたせいか以前のような週末の
ジョギングだけでは体重が減らず痩せにくい体になったと思う。
それが積み重なって体重が少しづつ増えてしまっている始末、非常にヤバい。

運動後の体へのダメージが恐ろしい

たまにジョギングしたりフットサルをしたりすると
その後に恐ろしいくらいに体へダメージが跳ね返ってくる。

体中がバキバキになって重たくなってうスムーズに動かなくなる。

フットサルをしている最中の頭の中でのイメージは、
学生時代にサッカーをやっていた動けていた自分のイメージでプレイするけど、

実際は普段運動をしない35歳のおじさんだから
もちろん動かないし、その動かない体で動けてた時のイメージに
近づけようとするからその差が体へかなりの負荷を与えることになる。

よくある子供の運動会の徒競走でお父さんが張り切って走って
コーナーで曲がれないで足がもつれて転ぶやつ。

子供の頃はなんでお父さん達は転ぶのだろう?
と疑問に思っていたけど自分が中年になってようやく理解した。

お父さんは、コーナーで転ぶ。

それが正しい、それがお父さんという生き物だと。

常に体のどこかが不調

体の調子が絶好調だぜ!
なんて日が一年を通してほぼほぼ無いんじゃないかと思う。

腰が痛い日もあれば、
頭が痛い日もあれば、
背中が痛い日もあれば、
熱っぽい日もあったりと・・・。

常に状態以上を抱えて生きいる状態。

こんなにもコンディションが常に悪いやつ
ウィニングイレブン(プレステのサッカーゲーム)
だったら絶対に使わないだろって感じ。

ちなみに今年の前半から、“過敏性大腸炎”になって慢性的な下痢がいまだに治らない状態。

▼過敏性大腸炎に関する記事、僕が下痢ピーに苦しんでる話を読んでやってください。

 

友人との接し方など

若い頃のような元気やアクティブさはもうやあまりなくなってきて
友人との遊び方というか接し方や休日の過ごし方も変わってきた。

徹夜ができない

若い頃よくある友人宅に集まってワイワイ遊び、
そのまま帰らず夜通し遊んで家に帰らず結果、
友人宅に狭い部屋に雑魚寝してしまうというやつ。

あれはあれで楽しかったな~って思うけど今はもう絶対無理。

絶対に家に帰る。

雑魚寝なんかしたら次の日体中が痛くてしょうがないし
徹夜なんかしたら次の日の夕方か下手したら夜まで寝ちゃうしで
次の日が丸一日潰れてしまってとても勿体ない。

要するに良い事が一つもない。

もう絶対に終電までに帰る。
家に帰って自宅の布団で眠る。

面倒臭くて誘いを断る

友人から誘いがあった時に何よりも自分の体のコンディションを
優先させて今週は疲れたから週末は家でゆっくりしてたいなと、
断る事が多くなった。

久しぶりに友人から誘いがあると
会わなかった期間の事を聞いたり言ったりすることを考えると
なんだかとっても面倒臭くなり、結果誘いを断ってしまう。

もちろんたまには誘いに乗る事もあるけど
決断するまでがとても腰が重い。

どうしようかなー、
久々に会おうかなー
う~ん、
今週疲れたしなー

とLINEを3日放置なんてことはざらだったりする。
時にはもっと長いこと放置することもある。

メール世代の人間なのでLINEのスピードについていけない時がある。
メールの方がなんかゆっくりしてていいな~と感じる。

結婚した友人と距離ができる

結婚した友人は当たり前だけど独身の時と違ってガラッと生活が変わり
それによって話す事や話題も独身の人間とはズレが生じてくる。

そのズレによって自然と会う機会も減るし
そのズレを我慢してまで会おうなんて気も起きない。

だって疲れちゃうから。

だから、結局会わなくなる。

スポンサーリンク

若いタレントなどの名前が分からない

自分が子供の頃家族でテレビを見ていると親父がよく
テレビに映っている芸能人の名前を間違えるもんだから

「違うよ、〇〇だよ」と訂正してたけど

今はそれが理解できる。

次から次へと新しいタレント、俳優、女優が現れて、
もう情報のアップデートが追い付かない。

自分はテレビを見ないってのもあるけど
特に若手の女優、俳優の名前が分からない。

そして、

知らなくても別に良い。

という考えなので、新しく覚えようともしないので
さらに分からなくなっていくわけです。

子供を見ると羨ましいと思う

通勤途中に朝からダッシュする小学生を見ると、
この子達にはどんな未来が待っているんだろうかと
羨ましい眼差しで見てしまう自分がいる。

この子たちは今からなんでもできる、なににでもなれるんだなと
自分と子供たちとの差を考えてなんだか悲しくなってしまう自分がいる。

自然の風景を見て感動しちゃう

なんでもない夕日を見て、「綺麗だなー」って感動しちゃう。

⇧バイクでお気に入りの公園にフラッと行ってベンチでぼーっと夕日を眺めたりするのが好き

齢35にして、花鳥風月を感じれるような人間になれてきたってことなのだろうか

うん。それはそれで良い歳の取り方をしているという事でいいとしよう。

花鳥風月とは美しい自然の風景や、それを重んじる風流を意味する四字熟語である。

 

まとめ

世間一般の35歳全員が全員僕みたいな感じじゃないし、
僕は世間一般の35歳に比べると、
元気さや体力やアクティブさがかなり低い方だと思う。

30代は働き盛りなんてよく言うけど、
おいおい、そんな体力なんてこちとら持ち合わせて無いよと言いたい。

若い人たちはまだ全然ピンとこないと思うけど
おじさんってこんなだよって話しでした。

それでは、ミッツでした。

スポンサーリンク