スーツが嫌いすぎる、なんでこんなに疲れる服で仕事をするのか理解できない。


スーツが嫌いだ、大嫌いだ。

この世から無くなればいいとすら思う。

自分が思う、

この世からなくなっても困らないものランキングトップクラスに入る。

窮屈で疲れるし、動きずらいし、洗濯は大変だし、値段は高いし、
とにかく大嫌いなのである。

そんな大嫌いなスーツについての記事になります。

スーツの歴史

モーニングコートの裾を切り落とした上着が19世紀のイギリスで生まれた。
イギリスではラウンジ・スーツ(Lounge Suit)、アメリカではサック・スーツ(Sack Suit)
と呼ばれ、当初は寝間着・部屋着、次いでレジャー用だった。
しかし19世紀末から20世紀の初頭にかけてアメリカのビジネスマンがビジネスウェアとして着用し始め、その後世界的に普及した。

引用:wikipediaより

どうやら初めはビジネス用に用いられてなかったようですが、
アメリカのビジネスマンがきっかけになって今のような形に広まり進化していったとのことです。

アメリカのビジネスマンがスーツじゃないものを選んで着ていたら
それがビジネスウェアとして広まっていったのかもしれない。

常識や決まりなんてものは、そんなことだと思う。

なんでもっと楽なカジュアルな服装をビジネスウェアとして
選ばなかったんだろうか・・・。

20世紀初頭のアメリカのビジネスマンよ・・・。

スーツが嫌いな理由

スーツが嫌いな理由はたくさんあります。

なんでこんなにもデメリットだらけの服を世の中の多くの人は着ているのか?

なんで仕事はスーツを着るということがルールとしてあるのか?

正直理解ができない。

スーツは窮屈で疲れる

とにかく体全体が窮屈でしかたがない。

スーツを着る着ないでその日、一日の疲労度はかなり違う。

毎日スーツを着て働いてる人達って凄過ぎる。

毎日着るものなんだから少しでも体に負担をかけないものを
着るべきだろうと思うわけです。

洗濯が大変

スーツは洗濯にも気を遣わないといけない。

家では洗濯せずにクリーニングに出す人が大半だと思う。

着ている時も大変で、洗濯も大変て、

一体どんだけの労力を使わせるのだろうか

スーツは人に対して、なんて優しくない服なんだろうか。

ワイシャツ、ネクタイ、革靴と面倒臭いものばかり

スーツを着るということはそれはすなわち
ワイシャツネクタイ革靴も着用するということになる。

ワイシャツは首元が汗ばみで黄色く変色して汚れやすいし、
洗濯したらアイロンかけないといけないしどんだけ手間がかかるんだよと思う。

僕はワイシャツのボタンを上までキッチリ留めるのがとても嫌いで、
首を絞められているかのような圧迫感を感じる。

その圧迫感を感じている状態の首に、
さらにとどめを刺すかのごとくネクタイを締めるわけです。

ネクタイってなんなんだろうか?

僕は思った。

ネクタイってそんなに必要か?・・・と。

ちなみにネクタイの起源を調べると、

ネクタイの起源として伝わる有名な説として、ルイ13世を守るために
クロアチアの兵士(en)がフランスを訪れた際、彼らが首に巻いていた
スカーフが起源である、というものがある。

引用:Wikipediaより

Wikipediaより引用

ふむ、ふむ、なるほどクロアチアの兵士の、

“スカーフ”が起源だと・・・


「クロアチアの兵士やってくれたな!」

画像出典:https://matome.naver.jp/odai/2137845375218774901

クロアチアの兵士が首になにも巻いて無かったら
もしかしたらネクタイはこの世に無くて
ネクタイを巻くという面倒臭いことをやらないで済んだ世界だったかもしれないわけだ。

そんな世界であってくれたら良かったのに・・・

そう考えると、

やっぱり・・・

「クロアチアの兵士やってくれたな!」

出典:https://matome.naver.jp/odai/2137845375218774901

 

そして、

スーツの足元と言えば“革靴”である。

歩きづらくて、痛いし、疲れるし、蒸れる・・・。

革靴の起源は特にWikipediaで調べてないけど、

「やってくれたな!」

出典:https://matome.naver.jp/odai/2137845375218774901

きっと、中世ヨーロッパの何かがアレでこうなって、あーなってだろ。

だいたいそんなもんだろ。

すみません、あまりにもスーツが嫌いで取り乱してしまいました。

スーツが嫌いなことについていろいろと言いましたが、
まとめると、竜ちゃんありがとうってことです。

スポンサーリンク

派遣社員ならスーツでなくても良い

僕は現在、都内で派遣社員として働いています。

派遣社員を望んで働いている理由の1つに、
「スーツを着なくても良いから」というものがあります。

基本的にオフィスカジュアルOKなので、
暑い時期はポロシャツにチノパン、寒い時期はシャツにチノパンです。

シャツをズボンに入れることも嫌いなので、
出しててもOKなオフィスカジュアルは本当にありがたい。

我慢しろよと思われるかもしれないけど、
スーツを着て仕事をすることが病的に嫌いなのです。

ちなみに冠婚葬祭はもちろん仕方なく着ますが、
早く脱ぎたいなと常に思ってます…。

スーツが嫌い:まとめ

僕のようにスーツが死ぬほど嫌いな人間は、

スーツを着ないで大丈夫な職場環境で働くことをおすすめします。

会社にもよりますが派遣社員ならスーツでなく、
オフィスカジュアルOKとされる職場が多いかと思います。

▼派遣・紹介予定派遣はこちら▼
スーツを着なくても良いという条件で、仕事を選んでもいいと思うのです。

 

▼関連記事▼

派遣会社、13社に登録した経験を語る。対応の良し悪しや、担当者のアタリ、ハズレなど。

スポンサーリンク