【ネタバレ感想】”海底47m”はただのサメ映画じゃない!ラストはどんでん返しの結末が…!?


サメ映画ってなんか良い。

なぜだか分からないけどなんか良い。

結論、なんか良いのである。

わかる!わかる!って共感してくれている人がきっといると思います。

私はサメ映画でもB級過ぎず、現実味がある作品が好きなので、
今回レビューする、『海底47m』はまさに好きな系統の作品なのです

ネタバレ要素を含みますのでまだ作品を見ていない方はご注意ください。

Amazonプライムビデオのセールで100円レンタル

サメ映画好きとして以前から気になっていた、『海底47m』

なんと、Amazonプライムビデオのセールでレンタル100円

399円がセールで100円に!

399円は高いけど、100円だったら見るでしょう!ってことで見ちゃいました。

Amazonプライムビデオ

海底47m


画像出典:映画.com

解説

水深47メートルの海に沈んだ檻の中で、人喰いザメの恐怖と対峙する姉妹の姿を描いたシチュエーションパニックスリラー。
メキシコで休暇を過ごしていたリサとケイトの姉妹は、現地で知り合った男から、海に沈めた檻の中からサメを鑑賞する「シャークケイジダイビング」に誘われる。
水深5メートルの檻の中からサメを間近に見て興奮する2人だったが、ワイヤーが切れて檻が一気に水深47メートルまで沈んでしまう。
無線も届かず、ボンベに残された空気もわずかという極限状態の中、サメの餌食になる危険におびえながら、2人は生還を目指すが……。

引用:映画.com

スポンサーリンク

物語の始まりはお決まりのバカンス

画像出典:映画.com

アメリカの映画学校の授業で教えられているのか?
と思ってしまうくらいにこういった作品って若者のバカンスからスタートしますよね。

もちろんこの作品も若い姉妹のバカンスからスタートします。

これ以上でもない、これ以下でもない100点の出だしです。

リサ(姉)ケイト(妹)の姉妹2人はメキシコ旅行を楽しんでいたが、
リサが彼氏と別れてしまっていた事が発覚する。

落ち込んだ姉を励まそうとケイトが夜のメキシコを楽しんじゃおうよと
誘い出し直ぐに2人の男と出会い意気投合。

速い、なんという展開の速さだ。

その男たちと次の日にケージダイブする事に。

そんなんだから危険な目にあうんだよと冷めた目で見る私。

なにやらリサが彼氏に振られた要因の1つに、“退屈な女”と思われていたとのこと。
だから刺激的なサメの写真を撮影して彼氏に送ってやる!

とケージダイブに意気込む姉妹…。

・・・、

・・・・、

・・・・・、

どーーでもいい。

だから危険な目にあうんだよと更に冷めた目でみる私…。

海底47mの海の底へ

画像出典:映画.com

男2人が先に海面から5mの地点でケージダイブの見本を見せた。

  • ボロボロの船
  • サビサビのケージ
  • ほつれたワイヤー

危険なフラグがビンビンである。

しかし、姉妹は気が付かない。

だって、

退屈な女には取れない刺激的な写真を、
元カレに送り付けてやるんだから!

モードに入っているから…。

男たちと交代してリサとケイトの番になった。

5m地点で予定通り行われたがワイヤーがほつれて
ケージは47mの海の底へ落下していくのであった。

ケイト(妹)が頑張って脱出を試みる

47mの海底に落下した後なにかとケイト(妹)がリードして脱出に向けて頑張ります。
ダイビングの経験があるのはケイトだけだしケージダイブに強引に誘った責任からでしょう。

狭いケージから出る為にマスクと酸素ボンベを外すという超危険な事までやってのけます。

47mの海底は遠過ぎて無線が繋がらないので、
ケイトはケージを出て無線が繋がる距離まで泳いで向かう強硬手段にでます。

怖い、怖すぎる!

海底なんて真っ暗でどこからサメが来て食われるか分からない状況だというのに。

ケイトはなんとか無線が繋がる深さまで辿り着き船長のテイラーと連絡をとり
ケージに再び戻る事に成功しました。

これで助かると安堵したのかケージ内で2人は呑気にお喋りを始めます。

「アハハハ」と笑ったりして無駄に酸素を消費する2人。

バッ、バカ過ぎる。

この姉妹は自分たちが置かれている立場が分からないのか…。

天国から地獄へ、2度目の落下

画像出典:映画.com

ケイトが船長のテイラーと連絡を取りケージを引き上げる為のワイヤーを
降ろしてもらいなんやかんや引き上げが開始されました。

しかし、

ここで簡単に終わるわけがない。

そう、

まだまだ映画の尺が足りていないのだ。

(そういうことじゃないんだけども、まぁそういうことなのだ)

海底47mから徐々に浮上していき28mの地点でワイヤーが切れて本日2度目の落下。

 

さぁ、盛り上がってまいりました!

(不謹慎極まりない発言)

 

とても可哀そうだが仕方がないのだよ、

 

だって、

 

映画の尺が足りていないのだから。

 

かくして映画の尺稼ぎのために再度47mの海底に落とされた姉妹だったのである。

しかも2回目の落下ではリサの足がケージと地面に挟まれてしまうという不運に見舞われてしまう。

船にいる男たちが無能過ぎる

とにかく見ていて思ったのが船に残った男たちが無能過ぎるのである。

さっさと沿岸警備隊に助けを求めればいいのにことを荒立てないようにと
自分たちで解決しようとするもんだから最悪の結果を招くのである。

無能だからこの映画が成り立つわけでこの男たちが有能だったらすぐさま解決しちゃうわけで
それを言うのは野暮なことってことですね。

脱出する2人

画像出典:映画.com

2回目の落下のあと船長のテイラーは追加の酸素タンクを2人分海底に落とします。

なぜ今まで2本目の酸素タンクを送らなかったかというと、
使うと、窒素良いの確率が上がり幻覚を見るなどの症状が出てしまうからとのこと。

その新しい酸素タンクをケージの外にケイトが取りに向かうがサメに襲われてしまう。

ケイトのおかげで酸素タンクはケージの中にいるリサでも手を伸ばせばなんとか
手が届く距離に近づきリサはギリギリのところで酸素切れを免れた。

リサはケージと地面の間に挟まった足を引っこ抜く為に、
BCDをケージと地面の間に入れて空気の力でケージを押し上げて足を抜くことに成功する。

ちなみにBCDとはコレのこと
Seac Subニック・BCDジャケット、サイズLarge

ケージを脱出したリサはサメに襲われて死んでしまったと思われていた
ケイトと無線が繋がり2人で海面目指して脱出することに。

酸素タンクと一緒に船長のテイラーが落としてくれた発煙筒で、
サメから身を守るように海面を目指す2人。

早く海面に辿り着きたいところだが急に浮上すると
潜水病になり命を落としてしまうので20mのところで5分留まれとテイラーさん。

テイラーさん、船の上という安全な場所からなんという無茶振り…。

指示通りに20m地点で5分待機しつつ発煙筒を付けると
なんとそこには3匹のサメがいるじゃあ~りませんか!!

これはビビったよ!マジで!

そして、絶望じゃんコレって思った。

この映画の一番ビックリするシーンはココです!

そんな絶望的な状況の中なんとか浮上して海面に辿り着くが、
あともう少しで船に乗れるって瞬間でリサはサメに足を噛まれてしまう。

かわいそ過ぎる…。

男たち無能過ぎるだろ。

リサは足を噛まれながらも最後の力を振り絞ってサメの目を
手で攻撃してなんとかサメを撃退することに成功。

なんとか2人は船の上に戻る事ができたのでした。

まさかのどんでん返しのオチ

画像出典:映画.com

なんとか船の上に戻る事ができたリサとケイト。
2人はかなりの重傷で足の傷はけっこうグロイので苦手な人は注意です。

船上で仰向けになったリサ目線の映像になり、
男性陣たちが声をかけているのですがリサの意識が徐々に薄れていきます。

すると、

場面が海底のケージの中にいるリサに変わります。

んっ!?

アレっ、これはまさかのバッドエンド!?

そうなんです。

無事に2人は助かったと思いきや2本目のタンクを使ってしまったリサは、
窒素酔いを起こしてしまい幻覚を見ていたのでした。

テイラーに無線で話しかけられても「アハハハハハ」と
脳内では幻覚を見て助かったー!とハッピーな状態のリサ。

という事で、

サメに襲われて一度は死んでしまったと思われていたけど生きてた妹のケイトも
残念ながら結局はやっぱり死んでしまったということでしょう。

なんとも悲惨なバッドエンドな作品でした。

まとめ

サメ映画にしてはまさかの幻覚オチというなかなか今までにない作品。
ラストのどんでん返しはとても面白かったです。

こういう現実味があるテイストの作品は怖さがあって面白いです。

この作品を見て思った事は今後の自分の人生で海外旅行に行っても
旅行のテンションでケージダイブなんて絶対にやっちゃダメってことですね。

スポンサーリンク